『ビリーブ』のボーがとてもキュート!Bo Adams of ‘Believe’, terribly cute!

BELIEVE-BO-700x400
前にジェイミー・チャンが素敵と書いた『Believe / ビリーブ』のボー役の子がかわいくて驚いています。
Continue reading “『ビリーブ』のボーがとてもキュート!Bo Adams of ‘Believe’, terribly cute!”

『アバウト・タイム』’About Time’

About Time
「前髪切りすぎちゃったの…」

テレビをつけたら、『アバウト・タイム』という映画が放送されていました。
『ハリポタ』のロンみたいに「冴えないけどいい奴よね」と評価されそうな赤毛の俳優さんが、気になる女の子を追いかけ回していました。
Continue reading “『アバウト・タイム』’About Time’”

E… E… Expensive! Panasonic’s hair dryer

夜、お風呂上がりに壊れていることに気づいて、翌朝「今日買って帰らなくちゃ」を繰り返すこと1週間。日中は毎日完全に忘れてしまうみたい。で、やっと電器屋に寄ったら「在庫がありません」…。ドライヤーってそんなにマストハブアイテムなんですかね?

ドライヤー市場は年中熱いみたいですね。特にパナソニックのナノイーとかイオニストとか描かれているものが一番人気、というか一択状態にあると感じます。

パナソニック ヘアドライヤー ナノケア 白 EH-NA97-W ¥21,498

メーカーからの効果案内もすごいのです。

  • キューティクル密着効果
  • 枝毛発生率
  • 紫外線に強い髪へ
  • ナノイー、ダブルミネラル、マイナス帯電 etc…
  • うるおい浸透ヘアエステ
  • 頭皮ケア

お店の方も一生懸命説明してくれます。
「髪がスルスルツヤツヤになるんですよ」と、太くてごわごわな髪のおばさま店員。
「頭皮ケアも大切ですからね」と、すっかりお禿なおじさま店員。
こんな風に説得力のないセールストークでも、たぶんメインターゲットの女性の心はお店に来た時点で決まっているんだと思います。

「ドライヤーに2万円は高くないんですか?」と正直に聞いてみても、「でも断然こちらが売れているんです。ただいま在庫がなく…」。すごい。在庫は店舗によるみたいですけどね。先日、夜帰宅した時に玄関のライトが切れたので近所にある某有名家電量販店のマイナー店舗に行ったら、この人気商品が並んでいました。どうしても欲しい人はがんばればありますね。


パナソニック ヘアドライヤー ナノケア 白 EH-NA27-W ¥12,910

私はこちらの小さいサイズにしました。いいんです。なぜかというと、だいたい2〜3年で壊れ買い換えることたぶんこれで4台目?なパナソニックドライヤー。私は製品特性をまったく享受できない髪質のようなのです。癖があるとかゴワゴワするとかツヤがないとかそんな悩みがある方には、これしかありえない!と思わせる何かがあるんでしょうね。この二番人気らしいタイプでも1万円は超えました。

じゃあ、何で買い続けてるのかというと。

  • 送風量が多い。小型ですが一般的な製品よりたくさん風が出ます
  • 音が静か
  • シンプルな形が良い
  • “紫外線に強い髪へ”に期待してみたかった

白でもピンクでも、パールが入ったボディカラーはやめて欲しいな〜というのが唯一の不満。購買層の平均的な好みに合ってない私の方が悪いのかもしれません。ドライヤーが壊れても、そのまま出掛ければ昼には自然にいつもの髪型になってるし、結んでしまってもまぁ平気な人ですからね〜。

—–
Expensive but everyone’s favorite hair dryer! I don’t have any trouble with my hair. Just love the color, simplicity and less noise. I bought white one for me!

Tennis 2015

2015年のシーズンが終わりました。
寝不足の日々もしばらくありません。

デビスカップが残っているけど、イギリス vs ベルギーはどちらでも良いです。“テニスのワールドカップ”というスローガンが付いているこのトーナメントは、4年に一度の開催でいいような気がします。選手が忙しすぎて…。

それより決勝戦の開催地はブリュッセルのはずだったし、ベルギーは1世紀くらい優勝してないそうなので、盛り上がる場所=警戒地域。無事終了することを願っています。

私のテニスの一年をひたすらメモしておきます。

ベストウェア その1:フェリシアーノ・ロペスのエレッセ

Pic source: ATP website
Pic source: ATP website

個人的に、嫌いではないけど旧時代を感じて仕方がないエレッセ。だけど、ロペスが着ると素敵に見えました。東京でも着てたこのコーディネート。赤いショーツのね。名前はいかにもだし濃い顔の美男なのに、なぜかスペイン人であることを忘れてしまう人です。

女子で唯一良かったのは、マリア・シャラポワのローラン・ギャロス。ブルーの水色ボーダーの長袖ウェアです。毎年言いますけど、最近の女子選手はごつい体の露出が激しすぎて苦手です。サンバイザーも子どもの頃から好きになれないアイテムでした。

安定のナイスマッチウェア:ガスケとルコック

Pic source: ATP website
Pic source: ATP website

なんとなくしっくりくるんですよね。この組み合わせは。ガスケ、今年は沸かせてくれました。

あ〜、よく考えましたねウェア:アディダス

Pic source: ATP
Pic source: ATP website

青バージョンもあります。初めて観た時、試合開始からもうそんなに汗かいてるの?と驚いたものです。首の周りのグラフィック。ウェアが汗だくで見苦しい選手をよく見ますので、最初から濡れてる感じに描いちゃえという狙いでしょうか?いいと思います。

こっ、これはないんじゃ…ナイキのウェア

Pic source: ATP
Pic source: ATP website

(たぶん)ファッショニスタ気取りのキリオスもこれには悶えたはず。USオープン付近でナイキチームが着ていたエンジに白のこのウェアは、罰ゲームにしか見えませんでした。ファッショニスタ気取りでヨネックスはないんじゃ…という疑問は無視することにします。この期間はロジャーのウェアも微妙でした。

一番素敵だったフェデラーのコーディネート

Pic source: ATP website
Pic source: ATP website

シンシナティの一週間。
くすんだグレーようなネイビーのような色が好み。特にシューズがいいですね。ロジャーが履いているヴェイパーはウィメンズはiDでしか買えないので、配色を記憶しておきます。

ダニエル太郎がんばった

Pic source: ATP website
Pic source: ATP website

ランキングが初の100位以内に!
デビスカップのプレーオフや昨日のチャレンジャーとか、勝たないとならない時に勝つようになってきました。22歳、来年もがんばれ!190cmもあるのに細いな。これから10kgくらい増やしていくんでしょうね。

試合中のナイスな瞬間その1:バブ、座る

tennis_2015_07_stan_break

そこ、座っていいんだ。。。

試合中のナイスな瞬間その2:バブとコーヒーカップ

tennis_2015_08_stan_coffee_break

パリにはベンチにテーブルがあったり、そこにフルーツが籠に盛られていたりと変なセッティングがいっぱい。で、バブリンカのこの瞬間ですよ。カップで飲んでます。体調または喉の具合でもが悪くて白湯やハーブティを飲んでるのかなと思いきや、本当にコーヒー飲んでたの?USオープンだと試合終了が午前2時とかよくあるけど眠かったの?

不思議な人です。

小さ過ぎるエスコートキッズにベルディヒニコニコ顔 at ファイナルズ

選手登場前の会場はこんな映像が流れてるんですね!テレビ中継だと心拍音の前までは鍋島さん達が今日の展望なんかを話しているので、廊下で待機する選手の様子が映される前の様子は知りませんでした!

観客が撮った映像だから見えないかもだけど、196cmのベルディヒと一緒に一生懸命歩く子どもがかわいかったのです。ベルディヒは始終きちんと歩いているか気にしながら笑顔。お客さんも沸いています。

忘れられない:ロジャーの股抜きショット後の完璧な空振り

みんな、この完璧な25秒ほどばっかりで、あのレアなミスをアップしてくれません!

あっ!

Pic source: The Guardian website
Pic source: The Guardian website

あった!

Pic source: The Guardian website
Pic source: The Guardian website

向かって右が敵陣、一応。
腕を限界まで伸ばしたけど届かなかったのでも、サーフェスの状態が悪く予想外の跳ね方をしたのでもありません。ウィークエンドテニスのおじさま方が、簡単なボールを優雅に降ったけどスコンと外した、そんなふわっとした瞬間でした。

ガーディアンの速報記事が空振りの瞬間を載せていました。正面から観た方が衝撃度は高かったですね。自分の目を疑いましたから!この後、ロジャーが両手を腰に置いてがっくりうなだれるところももう一度観たかったです。

SABR(セイバー)

“34歳、進化の途中”という見出しがATPに出ましたけど、多くが引退している歳でまだ自分の名前を冠する新技を生み出すところがありえません。Sneak Attack By Roger(スニーク・アタック・バイ・ロジャー:“ロジャーの奇襲”の意)って。しかもかっこいい。

マッケンローがUSオープンのエキシビジョンマッチで挑戦して成功!後ろでチャンが大笑いしています。

スタンディングオベーション

トーナメントを観ていて思うのは、ポイントを獲ってお客を立たせることができるのはロジャーだけだということ。ボールがコートに落ちた瞬間、どこの会場でも客席が興奮して立ち上がります。美しさが圧倒的なのはもちろん、冷静なラリーから突然放たれるウィナーがたまりません。

同じことができるもう一人は、ナダルですね。調子が悪い時間が続き、もうダメかと囁かれることもありますが、あのファイティングスピリットはいつでも感動させてくれます。性格自体が控えめなのに不思議。ファイナルズの準決勝ジョコ戦でも、最後のポイントを獲られるまで客席から「Vamos!」「Rafa!」コールが飛んでいました。来年もがんばって欲しいです。

王者のジョコビッチにいまいちエレガンスや格がない…というより、ロジャーとラファにスターたらしめる要素がありすぎるんだと思います。

Big 4はやっぱり強い

圧倒的に試合にムラがありません。特にジョコとロジャー。流れを変えてしまうようなポイントの獲られ方やミスをしてもまったく動じず、次のサーブであっさりとエースを獲りに行く太い神経が素晴らしい。この2人にはもはや軽い怪我や不調くらいでは試合結果に影響がありません。

反対にバブリンカはよく言われるとおり、悪い意味で、Unpredictable(予想できない)です。本人の調子や対戦相手との相性だけでなく、試合中に耳に入る言葉によっても気持ちがプツンと切れて自滅してしまいます。

錦織にも、民族的に耐えるのが得意な日本人であるにも関わらず、同じような傾向があるように思います。左右への容赦ない揺さぶりの鋭さは、Big 4を超えてると思います。すごいです(Big 4はそれを拾うからすごいのですが)。なのに、途中で投げ出すような雰囲気があるのは残念。100%負ける試合でも最後の1ポイントまであきらめないフェレールから学ぶことがあるように思います。

マレーの魅力

見ためは微妙だし、マザコンっぽいし、試合中の独り言がすごいしなどなど、スターの要素が少ないように感じるマレー。でもBig 4。

質問:いちごはどうやって食べますか?

バブリンカ「クリームと一緒に」
リー・ナ「クリームと一緒に」
ジョコビッチ「クリームと一緒に」
フェデラー「クリームと一緒に」
マレー「手で」

彼の魅力は、愛嬌と親近感。Big 4の中で友達に欲しいのは、断然マレーです。私もいちごにクリームなんて付けませんから、マレーに近いかもしれません。

2016年

さて、来年はオリンピック年。ロジャーは持っていない数少ないタイトルであるオリンピックシングルス金メダルを狙います。またコートで跪いて泣く姿を見たい!

私は東京の他にもどこかトーナメントを観に行きたいなと思っています。ヒマなんで。あとプロスタッフ買います!軽いのですけどね。ウィルソンを使ったことはないけど平気です(たぶん)。

—–
2015 season is over. So, I put all my favorite on court outfit and moments on this post. Lopez on Ellesse, Gasquet x Le Coq, Sweaty look graphic shirt from Adidas, Seriously??? ones from Nike for US Open series, Best Federer outfit: Cinchinnati, Well done Japan’s new hope Taro Daniel, Unpredictable Wawrinka, Big Berdych took tiny boy, Roger’s rare error: air shot, SABR, still strong Big 4, and Why Andy? I hope all players would have great vacation time and come back in good shape and with good mind in 2016, in Australia! I’ll go somewhere to watch tennis tournament, and purchase Pro Staff 97 for me!

東山の関口ベーカリー Pretty bakery found while exploring Higashiyama, Meguro

sekiguchi_bakery_meguro_01
いつも不思議さを感じる目黒区東山界隈を歩いている時に、『関口ベーカリー』というお店を見つけました。
Continue reading “東山の関口ベーカリー Pretty bakery found while exploring Higashiyama, Meguro”