味噌は味噌屋で Simplyfing My Life

healty japanese food miso
我が家の近くにはお味噌屋さんがあります。営業時間が月曜から土曜の13:00-18:00という社会人お断りなため、ご近所なのにほんの一年前まで存在を知りませんでした。

失礼な言い方かもしれないけど、なかなか古い木造家屋の1階に倉庫のような殺風景かつ薄暗く広々とした空間があって、そこに日本のいろいろな場所のお味噌が入った樽が並べられています。これがとても通っぽく、店主が一見強面なのにもかかわらず、気にせず店に入ることができました。

強面の店主さんは実は気さくで、スーパーでお味噌を買っていそうな客が専門店に興味をもつのを喜んでくれます。そして、客の好みや好奇心の度合いを聞き、必要な分だけフレキシブルに売ってくれます。

「高いのいってみる?だけど、これ普通だよ。高いだけ」

こんな感じ。そういう商品を置くのは客の出身地によって好みが違ったり、きっと事情がいろいろあるのでしょう。

私はいつも2週間分として500g。九州の麦味噌と信州白味噌を250gずつ買います。ピザのハーフ&ハーフみたいな感じ。でも持ち帰る時のお味噌の姿は、タイの屋台で買ったお惣菜みたい。ちょっと変わった形のビニール袋に丸めて入れられます。

「それぞれで味噌汁を作ってもいいけど、合わせ味噌にするとまた違うからやってみてね」

お会計はいつも400円ほど。作るのに時間がかかるんだから、もっと高くていいと思う。どれを買ってもいつもおいしいですが、いきなり違うお味噌を勧められるのも楽しみで仕方ありません。

こんな風に物事をシンプルにしています。生活がなかなか変わり、不要な物は処分し、不要な契約は止め、必要な物を買い足しています。その中でも自転車は最高にテンションが上がったお買い物。結構お金を使いましたが、納車が楽しみで待ちきれませんでした。

自転車通勤をしたいのです。東京はオスロにならってスーパーバイクシティを目指すべきだと思っています。最近はだいぶ東京の距離間が頭に入っていて、渋谷のビルから六本木を見て「たったの3、4キロ、10分だな」と目算できるようになりました。田舎の高校生は毎日通学で片道10キロくらい自転車に乗ります。でも通学途中に事故に遭って病院に運ばれた人は、18年間でたったの1人しかいませんでした。危険を回避する方法はいくらでもあると思います。とにかく私はもう通勤電車にウンザリしているし、もっと外を見たいのです。

服や靴の処分はもちろんケーブルテレビの解約も完了!テニストーナメントもこれまでの1000倍くらいストレスなく鑑賞できてます。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s