『アバウト・タイム』’About Time’

About Time
「前髪切りすぎちゃったの…」

テレビをつけたら、『アバウト・タイム』という映画が放送されていました。
『ハリポタ』のロンみたいに「冴えないけどいい奴よね」と評価されそうな赤毛の俳優さんが、気になる女の子を追いかけ回していました。

気になる女の子役はレイチェル・マクアダムス。地はいいんだけど、派手じゃないしファッションセンスもなしというおいしい役です。怖いくらいかわいかったわ。

About-Time
パーティに行くのにすごい服着てました。ワンピースもあれだけど、この上着。アメフト観戦じゃないんだから。彼女はスタイルがいまいちなところも魅力。ダサめの方がモテるんですよね、世の中は。

rs_560x415-131102183042-1024.About-Time-Gallery-3-jmd-110213_copy
ロン似君が地元で好きだった人。きっれーーーーーー。でもロンにはポイって邪険に扱われるんですよ。そんなものですよね、世の中は。

About-Time-large
ロン似君のダサさもモテるでしょうね。そうそう、ロン似どころか、この俳優さんは『ハリポタ』であの大家族の兄弟のどれかを演じていたみたいです。

img6_140928
こんなルックスでもロン君は弁護士。それも刑事専門みたい。法廷のシーンでは…

04law-span-articleLarge
『ロー&オーダー UK』を思い出してしまって吹きました。カツラになじめない。

suits-television-11042013-lead01-600x450
だって、アメリカの弁護士『Suits』の2人はこうですよ。専門が違うし、いい例えではないと思いますが…。

article-2412880-1BA2DEF6000005DC-622_638x337
で、ビル・ナイがお父さんだった。好きなんですよ。どうやら、この家庭の男性は代々タイムトラベルができる体質らしいです。なんだそれ。でもSFは皆無で、世界を変える救世主物語でもなく、エンターテイメント性に優れたマーティ・マクフライっぽさもありません。

about-time-picture07
お父さんの友達の劇作家さん、好きだわ〜。

f0031686_13145151
ロン君はイギリスの西端にあるコーンウォール出身。家が浜辺の崖の上にあって、ふらふらっと下りて散歩をするのが素敵なんです。

運命の女性をゲットしたくて、些細な失敗をする度に過去に戻ってやり直す。そんなダメ男君の物語かと思っていたら、そこを起点に家族や人生の話へと移行していってこじんまり、でも温かくまとまっていました。

f21e606878e4b533ea478f3d6b0d12d9
「お父さんがいない人生になんて興味ないのよ」
お母さんもかっこいい。

about-time-rachel-mcadams1
最後のレイチェルがまた美しかった。最初はゾーイ・デシャネルがこの役を演じる予定だったらしいですが、私はレイチェルの方が合うと思います。

途中で流れるベン・フォールズの『The Luckiest』がジーンと来ます。

入れ知恵予習なしで観た方が、物語は断然面白いですね。

—–
I watched the film called ‘About Time’. What a lovely story!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s