Major Crimes season 1-3

『メジャー・クライムス』のおもしろさは半端ない。

img
イケメンなし、主要登場人物同士のロマンスなし、素敵な景色なし。画面が地味すぎて、検事ばっかり出る人出る人ド派手な美女ばかりでおかしいと思うくらい。

シャロンの魅力でしょうか?

img_epi2_10
容疑者でも被害者家族にも常に同じトーンでおとなしーく穏やかーに話すシャロン。裁判に持ち込む前に司法取引で終わらせることがこの刑事ドラマの大きなテーマの一つです。取引を持ちかける時、微笑みすら浮かべた彼女の振る舞いが逆に怖いんです。なめた態度の容疑者に最後通告をする時はもっと怖い。

ハーバードに連絡して、あなたの人生めちゃくちゃにするわよ!!!

の回、怖かった〜!

今観ているシーズン3では、ラスティとの関係が事件の証人→法的な後見人→同居人から養子へと動きますよね。養子縁組みのために、どうしようもない夫をあっさり切ろうとするところ、ラスティの身に危険にさらされようものなら先陣を切って現場に飛び込んでいくところ、かっこいいです。

知らぬ間にラスティを好きになってしまう

img_epi3_08
ビバヒルのディランがテレビスター役で出演した回。

ふてくされた子供だったラスティも、18歳になって高校を卒業しました。最初は、非常にかわいそうな境遇にある面倒な子供だったのですが、ずいぶん変わりましたね。シャロンの家で安全安心に暮らし、人生経験豊富なメジャー・クライムスのおじさま達に常識と知恵を授けられ、よかったな〜と思います。

反対に実の母は本当にひどい。実の父もひどい。どうしてあんな風になっちゃうの?と考えるのが面倒なほどひどい人間です。

署のメンバーで好きなのは

img_epi2_15
変装して張り込み。アロハシャツがキュートね。

プロベンザかな。印象に残っているのは、彼が射撃テストに落ちまくってた回。クリアしないと内勤に異動させられるらしく…。やっぱ歳だといろいろスキルが落ちてくるもの?と思って観てたら、なんとただ低下した視力に合う眼鏡が必要だっただけ!笑いました。直後、チームみんなで銃を持った犯人を追い詰めたものの「犯人と人質が近すぎる」と射殺に踏み切らなかった場面がありましたね。あそこで堂々と、しかも一番遠くから犯人の額を打ち抜いたプロベンザ、かっこよかった〜!

後味の悪さも最高…

img_epi3_06
虐待から逃げて来た家出少女がゴミ箱に捨てられていた話は最悪でした。

署内のチームワークの良さとは対照的に、事件はシリアスです。『メジャー・クライム』の事件は、猟奇的だったり、超常現象だったり、骨しか残っていなかったりするわけではなく本当に起こりそうなタイプ。なのに、解決後にホワイトボードをきれいにする時のがっかり感と言ったら…。他のドラマで味わったことはありません。

シーズン1、2とずんずん進んで、今はシーズン3を観ているところ。この後も楽しみでたまりません。不思議なことに、ほぼ同じメンバーが出ている『クローザー』は何度トライしてもまったくハマレません。あれを観ないと登場人物を深く知ることができないのはわかっているのに、なぜか観続けることができないでいます。

(all pics are from Warner Bros Japan website)


MAJOR CRIMES ~重大犯罪課 〈セカンド・シーズン〉 コンプリート・ボックス (10枚組) [DVD]
これこれ!


WBTV60周年記念 クローザー コンプリートDVD BOX(初回限定生産)
ぐちぐちうるさいからハマれないのでしょうか?

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s