Madeon ‘Adventure’

あれ?フォスター・ザ・ピープル?
これ?パッション・ピットだよね?

フランスのマデオンの『アドヴェンチャー』を聴くようになったきっかけです。ウーゴー・ピエール君というそうです。若いな〜。

マッシュアップやEDM系のミュージシャンはDJとしては腕イマイチで退屈…。みんなカラオケ風に自ら歌いながらDJするのがかっこわるい…。だけど、ソングライターとしてはなかなか素晴らしい人が多いなと常日頃から思っています。そのためサマソニに観に行こう!とは思わないんだけど、ヘビロテはしてしまいます。

洗練されたインスト(?)曲に紛れる歌あり曲が好きです。特に…

‘La Lune’ featuring Dan Smith
Bastilleの人ですね。ぶっきらぼうとういうか朴念仁でピュアな彼の声の魅力が光っています。ボロい黒のTシャツにグレーの安いデニム、汚いスニーカーを履いているストリートな感じ。いい意味で。

‘Pay No Mind’ featuring Passion Pit
こ洒落たメロディにこ洒落た歌詞が乗った抜群のポップミュージック。パリッとアイロンが効いたアイスブルーのシャツを着て、きれいなハーフパンツにハットをかぶったおしゃれヒゲ君と一緒の夏の午後なイメージ。お供はクラッシュした氷がたくさん入ったアイスティーかピルスナービール。

‘Nonsense’ featuring Mark Foster
たまりません。モテない男子のガールハントに一晩中どころか子供の頃から付き合わされているこの感じ。
なぜかわからないんですけど、私はFoster The Peopleのマークの声を聴くといつも「おっ」と手が止まって、歌詞が耳に入ると胸キュンになってしまうのです。彼に恋でもしてるんじゃないかと思うくらい。歌の内容には幼さを感じたりもしますが、彼のあの風貌を思うと甘酸っぱさ青臭さすら際立ちます。フォスター・ザ・ピープルにはクール系の曲もいっぱいあるんですけどね。

私の好きなところをうまくお選びになっていらっしゃる。どの人も声が好きです。

そうそう。このウーゴーさんはナント出身だそうなのですが、この場所のフランス人を知った時は衝撃でした。いわゆる“フランス人”とはかけ離れているのです。会ったらぜひ。

CDもまだまだ現役?マデオン『アドヴェンチャー』

—–
Last week’s favorite; the one from French young guy!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s