Time for autumn beers. They wear beautiful packages this year


今年の秋のビールのパッケージは好みです。

発泡酒はあまり…なので普段は買いませんが、メモしておきたくて買ってきました。左から、アサヒの『深煎りの秋』。発泡酒は薄くて深みを感じられないところが好みじゃありません。ただし、パッケージは伝統的な絵巻や帯布のように美しく、高級感すら感じます。アサヒのロゴは黒またはもう少し深いオレンジか赤にした方が良さそうです。次に真ん中のサントリー『秋の贅沢』。丸窓から覗く、赤い橋と青い水・空が何かの物語のひとコマであるかのようです。ちょっとポップなテイストが今風とでもメモしておきましょう。最後に右のキリン『秋味』。これだけビールで、毎年恒例の商品でもあります。そのせいか、パッケージも変わり映えのしないごくスタンダードな紅葉柄です。麦芽1.3本分は期待ですね。これから、これをいただくとしましょう。

当方、原料の数が少ないビールを好んでおりますが、シーズンごとに違うビールが発売される日本は素敵だなと思います。

—–
Look at the seasonal beers in the picture. All of three feature Japan’s stunning autumn foliage. I’m not a big fan of low-malt beers, but I love to see those special packages every spring and autumn!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s