Beautiful Hawaii from the movie ‘Soul Surfer’


(Source)
『ソウル・サーファー』という映画に出てくるハワイがとても素敵でした。

幼い頃、鮫に襲われて片腕を失った実在の女性プロサーファーの話なので、決して軽くはありません。だけど、敬虔なクリスチャンなこともあり、これも与えられた試練と乗り越えたのだそう。その過程を共にする素晴らしい家族と自然、これがたまらなかった。


主役は、『マンハッタンに恋をして』でキャリーを演じたアナソフィア・ロブです。海から上がるなり、薄いワンピースを羽織って海辺の礼拝エリアへ駆け込む姿。海際に住んだことがないので、こういうのは憧れです。


幼馴染でライバル。2人してキラキラのブロンドで、スポンサーがつくほどの腕前なんです。子供だけでなく、親も男兄弟も健康的な日焼け肌でかっこよかった。でも、彼女は下の写真のサーフボードの歯型をもつ大きな鮫に攻撃されてしまうんですね。


お話の元となった人、ベサニー・ハミルトンさん。いい人そう!アナソフィアはおチビちゃんだけど、それでもベサニーさんは体格的にもアスリートとして恵まれていたんだなと思いました。

事故後すぐにサーフィンを再開したというベサニーさん。鮫なんて、海なんてと二度と近寄らなくなってしまってもおかしくないのに、冷静さが半端ない。惨敗して、もう止める!となっても、タイの津波で海を怖がる子供たちを見て、なんとかしたくなってしまう。どれだけ海が好きで、海にも好かれているんでしょう。


ボードの上では前と同じパフォーマンスができるようになっても、水中でボードをコントロールするのは片腕では無理…。それをボードに掴む場所を作って克服しました!映画の中ではベサニーのお父さんが「サーフィンはボードの上でのパフォーマンスだけが採点対象だから、この板は大会でも使える」って。お父さんはデニス・クエイド、お母さんはヘレン・ハント。2人共スイムウェア姿が意外とはまっていました。



ベストな波が生まれるエネルギーを嗅ぎ取っているところが良かった。そして、ラストの見事なチューブライド。スタントはベサニーさん本人だそう。このシーンは、彼女が命を落としそうになっている、つまり天国からのお迎えが来ていた時に見ていたものと同じでした。すごくきれいでこのまま光の方へ進んだら、亡くなっていたのかも。そこを彼女は自分の意志で外れました。その後、世界中の人々に希望を与えることができるようになったベサニーさんは、「昔に戻りたい?」と聞かれて「片腕の今の方が、前よりたくさんの人を抱きしめられる」と笑ってました。


(Source)
とろけそうな海辺の色と太陽の光をもう一度見たくて他人の写真を探したのですが、ハワイの写真は下手な人が多いなというのが私の印象。ハワイいいな~。というか、どこでもいいから行ける休暇が欲しいです。

—–
Watching stunning beaches and the sunlight through great female surfer is so great!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s