In my head radio: Volume 18

Favorite 8 songs from Canadian indie band Tegan and Sara.

アジカンはさすがに遠慮したかったので、単独が決まってよかった~と思っています。前に来日したのは、かなり昔の正月のアストロだった気がしますがどうでしょう?その時の前座は髭でした。いずれにせよ、ものすごく前のこと。来るわけないな~とスルーしている間にどしどしアルバムが出ていましたので、勝手な思い入れと共にメモしたいと思います。

まず、Unitの紹介文を解説しましょう。

カナダ出身の美人双子ポップ・デュオ。

元はこちら


確か、口にピアスをしているのがティーガン。
確かにCuteですけど、双子そろって筋金入りのビアン。カルガリー出身なのに1人バンクーバー、1人モントリオールと正反対の街に住んでいる、ひねくれた性格を感じさせる方々です。「美人デュオ、わーい」なんて思っていると噛みつかれそうです。

実際、前回のライブ時にもあの狭いアストロで強烈な姉妹喧嘩をした挙句、ティーガンかサラかのどちらかがプンスカ怒ってギャラガーズ弟よろしく退場。原因は、「せっかく十何時間かけて日本に来てライブをしているのに、カバー曲なんてやりたくない!」ただひとつ。結局、怒っていない方&メンバーが優しくなだめてステージに戻ってきてくれましたけど。間違っても日本のテレビなんか出てはいけません。「幼稚」と正面からぶった切られる可能性大ですから。

その他いろいろ書かれていますが、北米では人気のあるインディバンドです。ライブは、2人フロントでバックに仲良しバンド付き。ハコもちょっと大きくなるので楽しみです。

続いて、私の好きな曲をズラズラっと行きます。

1. Walking with A Ghost

4枚目’So Jealous (2005)’からの曲です。双子ですがハモる訳ではなく、同じメロディを歌うのがこの2人の特徴。高めの声での事実上オーバーダブが非常に心地よいです。ちょっと耳に刺さる感じ。White Stripesがカバーして、EPを出していました。ジャックの甲高い声がぴったりマッチしていました。
So Jealous ¥1,815

2. The Con

こちらは続く5枚目’The Con (2007)’より。リリース時、とてもエモーショナルなものを感じたアルバムです。双子のどちらかが、誰かに捕らわれたどちらかを助けだそうとする物語仕立てのPVが印象的。前回の来日時にはまだ’The Con’は出ていなかったと思うので、今回楽しみにしています。
The Con ¥1,340

3. Back in Your Head

これも’The Con (2007)’収録曲。ティーガン・アンド・サラには独特な最終音の跳ね上げるメロディがあって、一度気に入ると病みつきになります。つい一緒に歌ってしまいます。この曲だと、「♪I just want back in your head~」の「~」の部分に耳をすましてください。

4. Closer

これは、2013年リリースの最新盤’Heartthrob (2013)’の曲。またしても最後の跳ね上げが効いています。そしてポップでエレクトロ!いいことあったのかな~って思ってしまいます。ティーガンとサラはどちらかがベースでギターという訳でもなく、ライブ中は同時に同じ種類のギターを持って取り替えてしたと記憶しています。そのどちらも譲らない感じと、アルバム収録曲数が平等なあたりからも、主張が強そうな姉妹だなと改めて感じています。
⇒安い!Heartthrob ¥870

5. Alligator

今回初出の6枚目’Sainthood (2009)’は、ちょっと路線変わった?と最初に思ったアルバムでした。ぐっと洗練されたな~と。毛糸の帽子を被っているビデオがとてもかわいい。こういうものから“美人”と言われたりするんですかね。
Sainthood ¥1,528

6. Where Does The Good Go

再び’So Jealous (2005)。これだけ『グレアナ』の映像でごめんなさい。でもこうして人気ドラマシリーズで使用されると、ぐっと露出が増えることは確か。アメリカでは、ストーリーと関係があったり、ストーリーを強調するような曲がきちんと選ばれて流されることが多いように思います。とてもよいことです。

7. Northshore

こちらも’Sainthood (2009)’から。好きだわ、これ。このガチャガチャうるさい感じ。この2人はルックスだけだと、こういう曲を作るバンドのように感じないこともありません。こうしたパンキッシュな曲もちゃんと彼女たち特有のキュートな色で染め上げているのが素敵。

8. Floorplan

コーチェラはいつでも天気がよくていいな~。みんな身軽で服も薄くてうらやましくなってしまいます。この曲は個人的にすごく好きなんですが、どうやらライブで聴ける確率は少なそうです。こちらも’The Con’より。珍しくハモる曲。これはこれでかなるの美しさです。この映像はカメラがヨリ過ぎなんですよね。もっと引いて!

これまでに自主制作盤を含めてアルバムを7枚出していますが、私がリリースをチェックしているのは後ろ4枚でした。ライブでやる3枚目までの曲は’Living Room’くらいですかね。今回のライブでまた好きな曲が増えることと思います。代官山って微妙に行きにくくて面倒だけどよかったよかった。楽しみに残りの日々をがんばります。さよなら、6月!

—–
Tegan and Sara will play at Unit Tokyo on Monday, July 14!!! Check here for more information!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s