National Treasure Chinese Cabbage


表参道駅で乗り換え中に見てしまったポスターです。

門外不出の「白菜」

って、どうやったら笑わずにいられるでしょう。

奇跡の出品!

って、築地のセリ?ねぇ、白菜ですよ、白菜。

「神品至宝」とか大げさでいいわ~と凝視しながら、記憶に残ったのは「白菜」という単語ただひとつ。それだけを頼りに調べてしまいました。東京国立博物館で今日から始まる『台北 故宮博物院』の展示のようです。

トーハクに「白菜」がやってくる!

“トーハク”だって知られてないのに“白菜”では何がなんだか全然わかりません。

中国歴代皇帝のコレクションを収蔵する台北の故宮博物院の代表的な作品を紹介する特別展で、アジア初なんだそう。中でも、この博物館の一番人気である玉器『翠玉白菜(すいぎょくはくさい)』は海外初公開とのこと。ひとつの翡翠から掘られたとは思えない瑞々しさが素晴らしいそう。ふむふむ。その前に、実は中国史にも中国美術にも疎いせいか、“玉器”が何だかわかりませんでした。調べても装飾品だとか、神事用の飾りだとか、果ては当時の中国文化が優れていたことを示す一品と定義にも答えにもなっていない文まであってさすが~と思ってめんどくさとなってしまったわけです。

どうして白菜なんかを掘ろうと思ったのかしら?そちらの方が気になるかも。だけど、紙に描かれたキャンベルスープの缶とか、桟橋?に置かれたぶつぶつの気持ち悪いかぼちゃが美術品なんだもの。白菜は翡翠ってだけで価値はそれなりにあるんだから、笑っちゃいけませんね。

寝るのを惜しんで白菜を彫っていた中国人の姿が浮かんで、1人笑いしてしまいそうです。

—–
At Omotesandou station, I found the poster that announces this Chinese cabbage travels abord from Chinese Taipei for the first time. Congrats and thank you!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s