See or not at FRF 2014: The Bloody Beetroots Live

今、私の社会人経験の中で最もクズな人々との仕事が1件あります。普段はその会社の特Aクラスとしか組まないので、御社におまえらみたいなアホがいたんかい!ワオッ!と毎回心の中でバカにしています。今日なんて震災のその時間に静かに黙祷を…と思ってたところに、“本日のミーティングの場所のお知らせ”が来たんですよ。場所の前に、ミーティングの日時を知らせて欲しいですよね。開始まで1時間なくて、到着できませんでしたわ。ほら、「このゴミが」と言いたくなったんじゃありません?でも、そんな人達相手だからこそのいいこともあります。嘘をついても、良心がまったく痛まないのです。

「あぁ~、7月の終わりですかぁ?7月24日から28日までは、もう地方の出張が入っちゃってるんですよぅ。電波もWifiも怪しいんですよねぇ。それに出ずっぱりなので、何ぁ~んの対応もできないと思いますぅ。ほんとぅに~申し訳ないですぅ~」

さて、今日はザ・ブラッディー・ビートルーツをメモします。スパイダーマンみたいなマスクがダサいな~、微妙だな~と思ったのですが、なんとおばあさんの手作りだそう。ご本人はとっても大切にしているそうなので、失礼なことは言えません。さすがマンマの国の人ですね。ずっと付けてたら、顔や髪がボロボロになりそう…。でも、こうして世間に本当の姿を見せない方が楽なんでしょうね。

イタリア生まれ、LA在住のボブさんがメインの人。現在36歳だそうです。2006年頃から(この名義で?)活動しているそうですね。Tシャツを買えばよかったと今でも後悔している日系アメリカ人、スティーブ青木とコラボをしたりして、2008年の『Romborama』でブレイクしたんだそう。最新盤『Hide』のジャケはひどい。中身はきっといいのでしょう。ポール・マッカートニーとのコラボ曲も入っています。ポールって、年齢半分でジャンルが違う若者ともフレンドリーにコラボするんですね。いいお父さんっぽいですね。

ポール・マッカートニーと一緒に。

汚い青木と一緒に。

2009年にはレッドマーキーでフジロック出演を達成しています。私はまだ見たことがありません。ライブセットではピアノ、エフェクト、ギター、ボーカル、シンセサイザー、ベース、ドラムというしっかりとした構成で盛り上がりそうです。今年はホワイトくらいに上がるでしょうか?時間が合えば観てみたいですね。それよりも、覆面をつけたまま or 素顔でオアシスのラジオに出演して欲しいです。


Hide 1,893yen ねっ、ひどいジャケでしょ?

フジロックに来る人をチェックし始めました。観たいバンドが1日1つ程度になってから、4、5年は経ったように思います。行く人が減るわけですよ。それぞれの生活が変わったからじゃありませんよ。チケットが高いのに「雰囲気だけを楽しむのが目的!」なんて、私は言えません。フジで休むおかげで、休みを取れないんですよ。友人に「今年は別のイベントに行くから欠席する」と言われても、何とも思わなくなりました。そして、ラインナップのチェックもしなくなりました。だってね~。ほんの一握りしかいない観たい人が被ってばかりなんですよ、本当に。

そんな感じで、いつ引導を渡してもいいというのが私の気持ち。夏らしいリゾートにだって、もう出かけたくて仕方がない。なので、今年はチェックしてみようと思いました。ブッキングができていないのはわかっていますけど、リサーチが速い私なのでさっさと全員発表しちゃってください。こんな感じでフジ用に買った音源、観るかもリストをのんびり更新していきたいと思います。

今年は大雨洪水警報が出ませんように~。

—–
First post for Fuji Rock lineup research. Have you see this guys before? If so, tell me how the live was good!

2 thoughts on “See or not at FRF 2014: The Bloody Beetroots Live

  1. こんばんは。
    昨年、海外のフェスに行ったのですが、ラインナップの充実さの違いにびっくりしました。
    雰囲気も大切ですけど、やっぱり見たいアーティストが出るほうが楽しいですよね♪

    今年はフジに久しぶりに行こうと思ってましたが、第一弾ラインナップが発表になって、若干迷ってます。。

    1. ohahihuさん、こんばんは。
      海外フェスと比べてしまうと辛いですよね。
      知らなかったバンドをたくさん好きになれますからね。しかもチケット安い…。

      フジは第2弾が発表されましたが、お好みのバンドはいたでしょうか?
      社会人だと計4日休むのはなかなか大変ですから、一度くらいフル参戦したいと思えるラインナップの年があって欲しいと思います。
      あれはあれでかなりの優越感です。が、マーケティング視点で考えると、完全に世界から取り残されていることと認めざるを得ません。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s