Snowing again. Then I found it’s time to buy a down jacket specially made for outdoor activities

アウトドア用のダウンジャケットの買い時は今でしょう。

今朝は普通のロングのブーツで家を出て、住宅街を100m歩いたところで引き返しました。予想以上に積もっていたからです。社内用にフラットシューズを持って、先日のFOBライブの時と同じくカナダで履いていたソレルのカリブーを履き直して出社しました。滑らず、濡れず、ほかほかで無敵。-40度くらいまでいけるそうなので、極寒のカナダででも裸足で履けちゃう感じ?オススメです。


SOREL カリブー ¥17,000

問題は上着です。先日のライブ時はアメリカのブランド、タクーンで買った壮絶キュートなおしゃれダウンを着ていったんですね。完璧なはずだったのですが、まさかの強風にこれはあくまでファッションアイテムであることを確認しました。厳しい環境に耐えられるのは、アウトドアアイテムです。もう悩まずに本気のダウンジャケットを買いたいと思います。今はセールですしね。自分の背中を押せるよう、ファッションアイテムの問題点を洗っておきます。

ダウンの量

温かさに問題はありません。ただ、ダウンの入れ方が悪天候向きではありませんでした。おしゃれ用、特に女性用の製品はスタイルを良く見せるよう作るのが当たり前です。私のダウンも二の腕や前身ごろにはダウンが少なめ。おかげで着膨れとは無縁のほっそりとした印象を保つことができています。だから腕が寒いんです。あと、締め上げた上半身に比べて、Aラインに広がる裾へのパーツには羽根がたっぷり。だけど、Aラインでできた裾から風が入り寒いです…。

フード

凝った留め具のスタンドカラーがアクセントになっている私のダウン。台風級の前に進めない風で傘をさせなかった20時30分頃、スタジオコーストから新木場駅へ行くたかが5分でお風呂に入った後のように髪がずぶ濡れになりました。おまけに粉雪が顔に直撃して痛い!ダフトパンクのヘルメット、またはスキーのゴーグルと花粉のマスクが欲しかったです。

防水加工

運が続けば冬の気温はマイナス10度くらいのカナダでは、ジャケットに付いた雪が溶けることはありません。建物に入る前に落とせば濡れません。気温が高い日本では考慮しないとつらい問題だと思います。防水スプレーをかけていったのですが、昨夜の吹雪では充分ではありませんでした。

前にエディ・バウアーのダウンを買おうかなと書いたことがありましたが、今回の雪で得た教訓を活かして選ぶと以下の二つになります。

060946_1_tn
ウェザーエッジ(R)スタジアムダウンパーカー
おしゃれダウンで耐えられないことを考えたら、このくらい完全防備を狙っていいかもと思いました。

060482_1_tn
エッセンシャルダウンダッフル
そこまで割り切れない人にはこちらかな。
丈とフードは絶対に必要です。

mogwai
さらに、このモグワイのフードくらいにボワがついていると温かそうです。

—–
It’s snowing again. I think I need to buy a down jacket like Mogwai guys wearing. Everyone worries the earth is coming back to the ice age, but I am happy because everything seems to be just coming back to normal. Summers are too warm. That’s it.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s