‘Before Midnight’


9年振りの『ビフォア』シリーズ、『ビフォア・ミッドナイト』を観てきました

前作『ビフォア・サンセット』から9年、1作目の『ビフォア・サンライズ』からは、なんと18年!セリーヌとジェシーのおそらく最後の物語です。日の出、日没、夜中と歳を重ねるごとに、対象となる時間が遅くなっております。個人的には、パリでの再会を描いた『サンセット』の方が好きかな。これは、彼らと私の世代や取り巻く環境の差から来るものだと思います。『サンセット』のラストシーンについて、「あの2人はあの後どうなったと思う?」とよく話したものです。2人には、見たこともないようなかわいい女児の双子ができていました。


幸せになったらなったで、人間は新たな不満を抱くものですね。ロマンティックな出会いと音信不通の日々の後、ジェシーがサイン会を行う書店へ出向いて自ら運命を引き寄せたセリーヌ。もともと独立心旺盛な女性だったこともあり、双子の育児で自分を犠牲にしてきたと不満爆発。「所詮、女は男の属物よ!」とせっかくの水入らずの場面でよくある感じのヒステリーを起こします。そう、私にはヒステリーに見えました。女性の社会進出率で立派な後進国、日本とは事情が違うんでしょうね。欧米は大企業でも女性の官僚も取締役もたくさんいます。私なんて、そんなものでしょと楽観的に構えているものですから、面倒くさいおばさまにすら見えてしまいました。本当は重要な問題なんですけどね。

リチャード・リンクレーターがこの作品で行ってきた長回しは、今作でも本当に魅力的です。俳優は演技をしっぱなしなので、会話がリアルで生っぽくなります。それが見ている側に親近感を与えるんだと思う。切り返しの冴え度は劣るけど、トピック自体は自分の身辺とたいして変わらないわという感じ。私はその間ずっと背景を気にしてしまいます。後部座席で寝ている子供の顔とか、遺跡の道を横切る観光客とか。ジュリーとイーサンの加齢っぷりも素敵でした。歳を取ることに逆らわず、顔のシワや体のたるみがそのまま映されています。アメリカドラマや映画で劣化放置はそこまで見ないので、とても新鮮です。最近だと、ドラマの『ホステージ』にも同じことを思いましたね。それから、相変わらず光の捉え方がうまいです。ウィーンの朝の光、パリの夕暮れの光、そして夏のギリシャの昼の光。不思議なことに、どれからもリチャードとイーサンの出身地である、テキサスの夕暮れが思い浮かびました。久しぶりにテキサスに行きたくなりましたね。

それにしても、なぜ最後の舞台にギリシャを選んだのでしょう。財政問題絡みで製作費を抑えられたのでしょうか?深い歴史をもつロマンがある国だから?または、欧米人にとっての理想のバカンス地?長いバカンスを取って、毎日ワインをたくさん飲み、おいしく食べて、笑って、会話を楽しむことは大事ですよね。フランス人だかパリだかの人って、年間1ヶ月のバカンスを取ることが義務づけられているんでしたっけ?いいなーと思うと同時に、そうした人と同じ企業で働く人は悔しいだろうなと思います。と、まぁ、私は日本人らしい寂しいバカンス感しか持ていないので、今回のギリシャでバカンスという設定にもあまり気持ちを入れられなかったのだと思います。ウィーンの駅や公園、パリの本屋や桟橋レベルでの2人の心像の方が共感できました。

いずれにしても、物語の登場人物も俳優も見ている側も皆一緒に18年を過ごした思い入れの大きい作品です。これからもいろいろな場面で大切にしていきたいと思います。

(余談)
お客さんは予想どおり女性多数。だけど、想像していたよりずっと年齢層が高かったです。
それと、友達同士でワイワイ議論する時用にDVDが必要かなと思いました。

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995) ¥918
こちらはもうあまり売っていないみたい。
それにしても、「恋人までの距離(ディスタンス)」というどうでもいいサブタイトルを付けちゃった当時の担当は、自分的な仕事史だけでなく日本の映画史における見事な汚点を築きましたね。

ビフォア・サンセット (2004) ¥918
ビフォア・サンセット(2004) ¥1500
DVDもお求めやすい値段になっていますね。

—–
‘Before Midnight’ is finally playing in Japan now! How can I believe it’s been 18 years since the first one ‘Before Sunrise’. For my age and life environment, I have to say the second series ‘Before Sunset’ is the best of all. But anyway, it was nice to see my beloved couple still stays together and has beautiful twins. This is definitely one of the most important films for me. Love forever:)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s