Come on, cold winter days! I’ll go with Eddie’s down jacket!

whitedowntop
白のダウンかわいい!

街でダウンコートを着た人をたくさん見るようになりました。東京の気温はせいぜい14度。電車の中はデンコが連呼する約28度。まだダウンには早いと思うのですが、冷え性の方が増えているのでしょうか?

東京の話はいいとして…。気温がマイナス10~30度近くなると、ダウンコートは絶対に欠かせなくなります。温暖な日本では気にもしませんが、商品に割り当てられた耐寒範囲を基準に選ぶようになります。冬のアウトドアを楽しみたい、オーロラを見たい、流氷を見たいと考える人も多いはず。プチ氷河期や災害対策としてはもちろん、コートだけダウンにして中は薄着にしたいという人も、1点はクローゼットに入れておくといいかもしれません。

よくツブコデ先生と「本気で温かいのはエディー・バウアー」とよく話したものです。ジャック・バウアーと同じファミリーネームをもつエディー・バウワーさんが、アメリカのシアトルで1920年に創業された伝統あるアウトドアブランドです。需要のある海外では特に、お手頃価格で購入できるのも魅力。アウトドアアイテムならではのタフさは本当に頼りになるし、ペラペラ感も安っぽさもありません。それなりの年齢になると、その辺りも気になるのです。では、どれを買うか?今日は、カナダ暮らしを通して心に留めたポイントをメモさせていただきます。

チェックポイント1:丈

膝下がベスト。多いのは「おしりが隠れる長さ」か「ちょうど膝上」だと思います。慣れない極寒生活ならば前者はなしです。で、後者に決めると、膝下からスノーブーツまでの十数センチが凍えることに気づきます。ベストチョイスは、ダウンとブーツの間に隙間ができないよう膝下の長め丈を買うこと。この隙間を攻略することと良いスノーブーツを履くことは、極寒地帯では運命を分けます。

チェックポイント2:フード

ダウンにはあった方がいいです。体が温かくなると、次は頭の寒さが気になりだします。気温の低い地域では雪がコートに積もっても溶けないので、フードがあれば快適に手ぶらで歩くことができます。(屋内に入る前には当然雪を払います)風が強い日にはさらに重宝。かっこ悪いかもしれませんが、周りもそんな恰好で歩いているから気になりません。取り外し可タイプだとさらに使いやすいですね。

チェックポイント3:手首の二重ゴム

これ、なんていうんでしょう?ダウンの袖の内側についたストレッチ素材の袖。アウトドアアイテムにはついていますが、ファッションアイテムにはついていません。が、ここも大きなポイントなんです。これの存在と重要性は、函館出身の友達に教えてもらいました。。

チェックポイント4:色

これは好みと用途によりますが、個人的に白は避けた方がいいと思っています。理由は雪と同化してしまうから。着ているだけで、何かあった時に救助してもらえる確率が低くなってしまいます。逆に人間が近づけない場所に行く、動物を撮るなんて時には積極的に使いたいですね。ちなみにケベックは救急車も黄色でした。

ではどれを買う?

今のラインナップを見て、900というシリーズがいいと思いました。アウトドアしすぎていないから街で着やすい。数字は暖かさの目安で、数字が大きいほど温かいそうです。ほっそりと見せるような工夫もされているので、着ぶくれ敬遠派にもチェックしてみてほしいですね。

着やすいのは、EB900フィルパワーダウンカーコート

069738
おしり下くらいの丈は、日本では一番活躍するでしょう。ダウンにたっぷり厚みがあって、ふかふかしていそうですね。黒も素敵だけど、髪が暗めの日本人は茶系のラバも合いそうです。こんなにアウトドアにしなくても、ワンピやアグブーツの日でもはまります。

フードはあると尚良し、EB900フィルパワーダウンジャケット

069736_1_tn
赤(エディー・バウアーではダークレッド?)は白ダウンと同じくらい憧れますね。目立つしキュート。気候に慣れた現地人はこういう上着が多いです。足が長く見えておしゃれ効果が高い。日本ならばおススメですね。スキースノボの行き帰りにぴったりそうです。

私はこれ!EB900フィルパワーダウンコート

069737_tn
クラウド(雲)という色が買いです!素敵!広い襟と明るい色合いがタウンユースにもぴったり。パンツもニットもベージュか白でそろえて、セレブ風に着たいなぁ。しかも手洗いできるんですね。重さもたったの390グラム!卵1個60グラムだとして1パックより全然軽いなんて本当かしら?

おしゃれ度ベストは、EB900フィルパワーダウンベスト

069735_1
密かに狙っているんですよね。ベスト。これをかっこよく着られたらいいなと。ダウンをベストで、とは考えたことがないんですど、どれくらい温かいのでしょう?なんだか値下げ中なので気になります。上半身をほっそーーーくしたら、フカフカダウンと対照的になってかわいいです。

<公式>エディー・バウアー オンラインストア 冬の新作入荷
お店に試着に行かないとです。アメリカ物はサイズのイメージが付きにくいので、私はお店で試着をします。で、実際買うのはオンライン。現物がなくても、いくつか着てみればぴったりのサイズを想像できます。(ダウンを持って帰るのはかさばるし!)

069800
ダウンじゃないけど、これもスゴく欲しい!

実は昨日、思ってもいなかった寒めの仕事をすることになりまして…。風邪をひくくらいなら、ユニクロでウルトラライトダウンでも買おうかなと一瞬思ったのです。だって、こういうお店は錦糸町にないですからね!風邪が体に潜んでいそうな感じです。駅伝を観に行く、ディズニーランドに行く。街は街でも、そんな風に長時間外に居続ける時にも着て行くと体を守れそうです。

—–
Forecast says it’s going to be cold weekend. No worries. It’s time to find warm down jacket at Eddie Bauer! I love this American brand. Products cost a bit, but the quality is 100% guaranteed!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s