The New Pornographers ‘Hey, Snow White’ from The Fall of Sam Axe

絶品シーンがありました。

やっと『バーン・ノーティス』のシーズン5を観終えました。遅い!わかってます。6に行く前に、録っておいたスピンオフ『サム・アックス 最後のミッション』を観ました。現マイケルの相棒で、元SEALsのサムがマイアミに来る直前の話。確かに最後のミッションなのですが、SEALsを除隊につながるエピソードなので原題どおり『転落』が良いかと。まぁ、マイアミでマイケルとバリバリ仕事をしている姿を見ると、転落とは感じませんけどね。

『バーン・ノーティス』らしく人情味にあふれ、サムらしく陽気な良いスピンオフでした。本編と併せても、ベストエピソードに入れられそうです。すぐ前に、このスピンオフに出てくるベアトリスという女の子がマイアミに助けを求めてやってくるエピソードを観ていたので、サムが彼女を「コロンビアでの命の恩人」と言ってたのはこのことかと。ちらっとCIA任務中のマイケルも出てきて、和やかな会話をしてくれました。6の序盤がかなり重い話が続くので、このハッピー劇は快感です。サムが儲かっているビジネスマンに扮する時に使う「チャック・フィンリー」を使い始めた場面も楽しかった。どさくさ紛れの、江戸川コナンと似たような状況だったんですね。

お金持ちの熟女好きで、仕事中もビール必須。だけど、さすがにシールズだけあって、一度抱いた忠誠心は簡単には揺るがず、任務遂行能力も高い。これを観ると、サムが好きになります。ただし、どうしたらメタボの彼がSEALsに入れるのか不思議でたまりません。だって、シールズですよ。精鋭部隊な上、人間の限界を超えさせるレベルのものすごい訓練がある。サムが?メタボなんですけど!現役時代にメタボになる暇あるのかしら?

サムがマイケルと合流することになる、本家の第1話を見直したくなりました。

4613_5
話がずれました。
舞台はコロンビアの山奥。サムはテロ集団にでっち上げられた羊飼い達を戦闘員として率いて、麻薬を横流しする悪徳警官共を吊し上げるという内容です。お互いを認め合い、サムがへりでシールズへと戻って行く姿を羊飼いが見送る時、この曲が流れるのです。敬礼をしあってね。ニュー・ポルノグラファーズはカナダのバンド。コレ系のカナダバンドはあまり好きでない私ですが、たまにいい曲があるのは確かです。ものすごく美しいシーンでしたので、ぜひ見て観てください。1話完結なので、すぐに観ることができます。

—–
My favorite scene from ‘The Fall of Sam Axe’!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s