The Killers ‘Shot at The Night’

20秒あるイントロを聴いた時、「理想的な曲」と思いました。いいとか素晴らしいではなく、「理想的」だったのが不思議です。誰かはわかりませんでした。声を聴いて、「あら、ブランドン」。そのまま曲は流れて「こんな曲あったっけ?」と、短時間にいろいろと考え、ワクワクした曲です。

キラーズは、3枚目『Days & Age』に魅力を感じなかった時点で心が離れてしまったバンドです。彼らのデビュー当時は海外にいたので、かなり早くから聴いていました。『Sam’s Town』時のライブでは録音では不安定で下手そうに聞こえるブランドンが実はうまいことを確認でき、さらに好きになっていたんですけどね。ただし、その当時からバンドとしてはかなりバラバラだなと感じていました。LAやNYではないラスベガスという微妙に不毛の地をベースにしている割には、結束心に欠けるんです。何よりもベースのマーク。B型としか思えないマイペースさんです。実際、ツアーに来なかったし、インタビューに遅れてくる様子も昔よく描写されていました。一番やる気が感じられないのはこの人。ベースはいいと思うんですけどね。次に他2人。このバンドは「ブランドン・フラワーズ+良き仲間たち」でいいのです。優れたキープレーヤーも、優れたサポートなしでは輝きが鈍るもの。この2人はこの摂理を理解できていません。要は素人のバスケやサッカーです。ブランドンに集まる注目に並ぼうと、ギターはギトギトの服装をし始め、ドラムはノッてくると中腰になりました。(今は不明)そこを敢えて、黙ってバックに徹するのがかっこいいのに何やってるんだか…。私はそう思っていました。


不憫な男です。大口を叩き、他バンドをこき下ろしていたのが懐かしいです。さみしかったのでしょう。想像力に溢れてしまっている時期、アルバムを出したくても腰を上げないメンバーがいたのでしょう。かつて、元々あまりバンドメンバーに恵まれず、掲示板で現メンバーと知り合ってしっくりきたというようなことを言っていました。そんな紆余曲折を得て世界的に成功したバンドです。友達云々はさておきなプロ意識が生まれればよかったのにと思います。

ただし、ブランドンにはこうした苦悩の時間が効くと思います。逆境にある時こそマスターピース級の曲を生み出すのです。3rdと4thの間に出されたB面&レアトラック盤『Sawdust』に入っている『Show You How』もきっとそう。名曲です。そもそも、おそらくブランドンが作って、みんなで編曲という制作スタイルの方が良かったんでしょうね。1曲に載るクレジットが多くなってから、私は惹かれなくなりました。(失礼)孤独な男でいいのです。この曲のPVだって、よく考えたらブランドン以外のメンバーは1フレたりとも出演していません。ホテルのガラスに向かって1人歌い、演技するフラワー君。切ない、渋い。最近では珍しい心温まるストーリーのPVが素敵ですね。この景色!ホテルはコスモポリタンとのことです。サービス係として働き「撃って欲しい」とすら思うような生活を送る女性が、偶然出会ったハンサム君とまるで胸に一発くらったかのような活き活きとした時間を過ごすんですね。ラストのピンクのヒールと表情が本当に良いです。1:42 Nothing to loseのところが笑える。あと、鏡を拭いてるシーンが好き。

間もなく発売されるベスト盤『Direct Hits』に収録の新曲だそう。近年にもこんな曲が生まれているなら、ライブも行ったのになーと思いました。そこまでキラーズっぽくはないのに、ぴったりと彼らの物になっています。なんとプロデューサーがM83でした。彼自身の最近の曲を聴いて、飛ばしてるなーと思っていたのです。冴えてます。フラワーズ君の成長にひと肌脱いだような感じがあります。

—–
First time I listened to this new tune from The Killers, the word ‘ideal’ came into my mind. I don’t know why it was not ‘great’ or ‘perfect’. Then, I found it’s a new song from their upcoming best album. Love it and love the video too. Stunning sea of Las Vegas’ neon attracts me so much. I regretted that I didn’t go to see them last month. But the bassist Mark didn’t come this time. It’s sad and awful, right?

2 thoughts on “The Killers ‘Shot at The Night’

  1. こんばんは。

    僕もこの曲好きです!
    力強くて、地に足がついてきてる感じがします。

    確かに、ソロも思いっきりKillersでしたし、新作のアルバムを聴いてても、他のメンバーいるのかな?って疑問に思いました。

    1. hisigataさん、こんにちは。

      いい感じに成長しましたよね。
      ソロアルバムもきちんと聴いてみようと思いました。そちらがよかったら、また他メンバーのふがいなさを残念に思ってしまうかもしれないですけどね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s