‘Mademoiselle C’

カリーヌ・ロワトフェルドのハーパースに就任で驚いたのも束の間、『マドモアゼルC』というドキュメンタリー作品があることを知りました。悔しいことに先行上映会が行われていたようです。日本で再び発行されることになったハーパースの記念イベント?の一環だったよう。プレゼント関連にもレーダーを張っておかないといけませんね。

彼女が作り出してきた物のすべてを好きという訳ではありません。灰汁の強い人間性が素敵だなといつも思っています。フランスの女性には多く言えることだと思いますが、大人であることに誇りをもって楽しんでいるのもいい。ファッションスナップでも特集でもネタが尽きない人です。そんな彼女をどうとらえてくれるのかが楽しみです。それと英語。フランス語だとおそらくハリがあって、パリジェンヌそのものなんでしょうけど、英語で話すとどこかマヌケです。ラストのドナッテラとの会話が笑っちゃう。ジュリアも子持ちになったんですね。

わざわざ映画館に観に行くかはわかりません。FOXかイマジカあたりがさっさと放送してくれそうなので。


素敵。

—–
My must-watch film!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s