Lana Del Ray ‘Born to Die’

今更ですが、いい物はいいのでメモ。

購入後に大して聴くこともなく放置されるアルバムがある一方で、何度も何度も聴いてしまう物もあります。ラナ・デル・レイはここ数年間における愛聴盤のひとつ。またしても?なラインナップを吐き出し続けるフジに、ぜひ出演していただきたいミュージシャンです。

とびきりキュートでゴージャスなルックスがまず好きなのです。それでいて、声は低くて太い。衣裳も自身がもつ世界にぴったり合わせてスタイリングして、憂いを含んだストーリーをダイナミックに描きます。ソフトフォーカスのフィルターをかけたような、柔らかく淡い色調や光でいっぱいのビデオもセンスよし。こういう雰囲気の映像はおしゃれ系のあれこれでよくありますけど、美人がメインだと断然締まります。’National Anthem’のビデオが素晴らしいのです。J.F.K、ジャッキー、そしてマリリンに対する彼女的な解釈が興味深く、それをあの完璧なビジュアルで仕上げる。最近少ない気がします。

ヴィンテージポップ、がふさわしいと思います。品がよくて、古くさくない。大御所の貫禄すら感じる太めのボーカルに、時折りロリータ声を混ぜ、はっちゃけた打ち込みやラップを敷き詰める。そのさじ加減が絶妙なお嬢さんです。ドラマティックな’Dark Parade’も好き。あー、いいな、いいな、この曲も好きなのよと思っている内に、ラストの’This Is What Makes Us Girls’に来てしまいます。そう、この最後の曲がまたいいのです。彼女のことだから、静かに暗く終わるのかと妄想していたのに、ガールズ讃歌なのです。映画のいいエンドロールを観ている気分になります。「もう終わり?もっと観たい!」という感じ。

フジに来て欲しいと言いましたけど、彼女は実は結構いる“日本に来ない欧米人”のような気がしています。ケイト・モスしかり。ヴィクトリア・ベッカムしかり。あらら、日本はお嫌いかしら?みたいな人のことです。一度くらいは観たいんですけどね。

—–
Lana Del Ray is one of my favorite female musician!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s