Wall plan

メトロで隣に座った中学生のカバンの中身が、たくさんの教科書で驚いた本日。教科書ってまだ紙でできた本なんですね。

さて、よく見ているデザイナーさんのネタ帳に、欲しくなったポスターがあったのでメモ。SATCのキャリーの部屋の見取り図です。スペインのバスク地方に住んでいるインテリアデザイナーさんが、趣味でやっているらしい。デザイン云々というより、あえて図面な感じがいいですよね。このクローゼットですよ。実は私、今の家を探す時に、この通路型クローゼットの家を見つけたのです。場所は、私のランニングコースの途中。世田谷線という路面電車に乗らないといけないこと、少し高かったこと、面している公園が夏に虫が多そうだったこと、住民に子供を前後で乗せる自転車利用者が多かったことを理由に断念したんですね。かなりの家と図面を見ましたが、なかなかないんです。その家でのキャリークローゼットはリビングから寝室への忍者屋敷通路でした。

憧れるなぁ。イーストの73なんて、私が大好きなホイットニーミュージアムまで徒歩1分だろうし、ペントハウスにはゴシップガールズがごろごろ住んでるぜみたいな場所だから、住むのは無理ですね。キャリーも20年前の据え置き価格750ドルくらいで住んでいるというエピソードがあったような…。公園挟んで反対のウェスト=ゴシップガールの原作でハンフリー兄妹が住んでいるエリアでも2000ドルはしますよね。

n

最高に迷っているのはこれ。『フレンズ』のレイチェル&モニカ、チャンドラー&ジョーイの部屋。裸の隣人を覗いたベランダとか、本当にいいなー。男性陣の家では、2人が並んで座って『ベイウォッチ』を観ていた姿を思い出してしまいます。わからない部屋に?が書いてあるのもいい。ドラマってそういうものですよね。

トトロの草壁家もあった。この家については、お父さんの書斎しか覚えていないんですよね。庭が見渡せる洋風のね。

名前から見てスペインの方なんだと思います。アメドラ好きとしてはもう少し突っ込んだ対象を選んで欲しい気持ちもありますが、専業を活かした副業は偉い!現宅はシーズン2に突入するので、ぜひ壁に貼るものを揃えていきたいと思っています。いやいや、なかなかないんですよ。欲しいと思うポスターって!

Iñaki Aliste Lizarraldeさんの作品はEstyで買えます。

‘Floorplan’ Tegan & Sara
Floorplanといえば、ティーガン & サラ。これが入ったアルバム’The Con’は好きです。

—–
Wish list: Spanish interior designer drew beautiful and detailed floorplans from famous TV shows. So cute, isn’t it? I can’t decide Friends or SATC. Anyway I’ll have one for the 2nd season of my current apartment!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s