Bruno Mars ‘Just The Way You Are’ on Glee

私、かなりやられているようです。
だって、今朝フランス語と韓国語で夢を二本立て見ましたから。苦しかった。苦しくて、6時と7時に2度起きましたから。
だからかどうかは知らないけれど、最近この曲が頭を回ります。ケイティ・ペリーの’Teenage Dream’ を聴く度に、グリーの場面の方が浮かぶ私です。あの曲と同じくらい、この曲も本家ブルーノよりもグリーキャスト版が好きです。もちろん本家もいいです。だけど、ストーリーもよかったの。そして、シュースターの表情もよかったんです。あら、どちらの曲もカートが絡んでる!

これを観ていると思うのです。グリーの成功の要因のひとつは、絶対にフィンを発見したこと。名前が売れていなかった人が多い生徒役の中でも、レイチェルやカートは役もいいし、スターになる顔立ちをしてる。だけどフィンはパッと見平凡なんですよね。頭も悪そうだし。そこに田舎の高校のアメフト部のスターで、実は歌もうまくて、いい奴で正義漢というはまり役を与えたら、輝いちゃったというのが良い。シーズンがリニューアルされる度にハンサム度があがっています。

「4」を溜め込む前に消化しないといけません。

—–
Original song from Bruno Mars is apparently great song. But I prefer the Glee cast version. Cause they are amazing just the way they are!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s