Trakdot

日本でも秋にビッグサイトだか幕張だかでやっているCTECという電子機器の見本市のボス的存在?がラスベガスで開催されてます。

その記事を読んでいて、あらやっとと思ったのがこれ。自分でスーツケースに放り込んでトラッキングするためのGPS装置。ロストバゲージに遭った時、荷物がすぐに取り返せるわけではないけど、在り処は把握できるってこと。そんなの航空会社と空港がきっちりやればいいのにと思うのは私だけですか?

テクノロジーは発展してるはずなのに、昔よりロストバゲージの数は増えている気がします。中を強制的に開けられることも多いし。となると、ハイテク云々よりも問題は人間にあるような。

ものすごく心配症の人は買うといいでしょう。私は来ない荷物のことは忘れるよう努めますので、現時点ではおそらく不要です。

何よりも、今までいろいろな国のいろいろな乗り物に荷物を預けてきましたが、ロストバゲージに遭ったのはたったの一度。成田の到着ロビーで、だけなんです。スーツケースを変える予定ですが、このラッキーさは引き継いで欲しいと思います。

旅行に行きたいの!

—–
How do you think of Trakdot? It’s convenient but tracking lost baggage is not customer’s job. My lost baggage experience? Just once at NRT, one of world’s most fastidious airport!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s