Adele’s ‘Rumor Has It’ from ‘Smash’

アデルは歌以外全部嫌いですよ。
人はそれぞれ、デブでもヤセでも個性なんてガガ様みたいなことを言ってはいけないですよ。デブ擁護に過ぎません。子供の時は「気にしなくていいのよ」と甘えられても、結局社会に出ればデブは負の要因。だったら、さっさと治しましょう。ガガ様は所詮根性だけで意のままに変えられるから言ってもいいのです。アデルも素晴らしい歌の才能があるからいいんだけど、あれを見て他人が自分もOKと勘違いするのよくないのです。人前に出る人には責任がある。成人病予防週間のポスターにアサインしたいです。

歌は素晴らしいんですよ、歌は。
「スマッシュ」というアメリカドラマの中にあった、アデルに合わせて踊るシーンが最近のお気に入りです。元気が出ます。

マリリンモンローのミュージカルを作ろうと考えるブロードウェイの人達の話。
主人公のカレン(黒髪。昔のアメアイの子!)は新人ながらもマリリン役を最後まで競った原石のような子。ダンスはまだまだだけど、歌は抜群に上手。マリリン役はひとまずおデブなディーヴァに取られるのですが、コーラスの役はもらうんですね。だけど、経験が浅いこともあって、うまくサポートのダンスと歌ができない。カレンに主役を奪われることを恐れるディーヴァさんに意地悪されて追い出されそうなことにムカついて、画面で一緒に踊っているディーヴァの友達でもあるコーラス仲間にキレるんですよ。

ディーヴァみたいに私も振り付け師(セクシーブリット)と寝るチャンスはあったわ!
だけどそうしなかったよの!
誰だって、最初は新人でしょ。あなたたちは私を助けるべきよ!

そしてカレンは彼女たちを得る。ウェアやシューズ選び、ダンスクラスを教えてもらって、家でサポートダンスとはなんぞというレッスンをしてもらう。他の人より無駄に動かないことが大事。美人で才能があると、立っているだけで目立ってしまうから。練習が済んで、飲みにいったバーで飛び入りダンス。それがこのシーンです。おかまなボビー(ピンクシャツの男)がかわいいです。


クラブをクラッシュする前にお家で練習〜♪ジェシカかわいい♪ 

マリリンはミュージカル業界では鬼門みたい。プロのプロデューサー、脚本家、作曲家、振り付け師、そしてダンサーたち。みんなが実現の日を夢見ているんですね。所詮アマチュアで田舎高校が設定の「Glee」に飽きたファンにお勧め。映画「シカゴ」みたいなゴージャスでパリッと決まった脚本が気持ちいいです。

——
My favorite scene from ‘Smash’ with Adele’s ‘Rumor Has It.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s