Scissor Sisters at Shinkiba Studio Coast


すごく時間が経ってしまったのですが、連休最終日の本日、早く目が覚めてしまったのでメモを始めることにしました。

この日は会社をやや早めに出る、簡単に言うと早退をして、新木場駅に到着し、エスカレーターを下っていたら、前方に友達を発見。あら、偶然と笑ったら、後ろからさらに友達がやってきてあら偶然。みんなそろって「ロッカーに着いたら電話すればいいと思ってたのに、ここで会っちゃったねー」と笑いました。そんなこんなで揃って駅前のロータリーに出たら、近くにいた女子の固まりが「虹!きれい」!と言ったんですね。で、周辺全員で女の子が見ている上方を見上げました。きれいだったな。アーチを描く虹がダブルで架かっていました。早く橋に行こう!スタジオコーストの看板をを虹入りで撮ろう!と小走りしたくらい。

さて、レインボーな方々のライブ前にレインボーを見られたラッキーな私たちです。しかも落ち着いて考えたら、単独は久しぶり。シザーのライブは最近急増中の中途半端なパーティーに吸収されていることが多かったですね。それこそが私がライブに行かなくなっている原因でもあります。お客も断然減りつつあります。私ですら、新譜にも単独にもほぼ気づかなかったくらいです。呼ぶならきちんとプロモーションをして欲しいですわ。

さすがのジェイクもお肉がついて来ました。デブではないけど、がたいがいいアメリカ人風。なので、お洋服もゆったりめでした。その1、海辺のヤシの木のプリントジャージにシルバーのアディダス。このスニーカーがかわいかった。あと、今さら裾がゴムでしまったジャージもいいかもと思った。その2、Bなハーフパンツのジャージ。ほら、タイトで半裸な衣裳がないんです。そして、その3、黒ラメこそ派手だけど、普通のジャージね、と思ったら後ろ半分が透けていました。丸見えのビンぼっちゃま君よりセクシーです。アナはアナで前髪を巨大なシナモンロールみたいにしていたわ。後は所々にミラーが付いたドレス。人間ミラーボールみたいになっていて、たまにまぶしかった。キャットアイなアイラインもキマッてました。

こんな感じに、衣裳面ではシザーシスターズはいつでもいい感じにチープなのです。
ただし、音楽の方はどんどん洗練されてきていると私は思います。今回のリードトラック’Only The Horses’がすごく好み。フォークロアよりだった1stからメインストリームポップ、ヨーロピアンなクラブカルチャーと来て、ナイトクラブの線こそ外さないものの今回はずっと無駄なものがそぎ落とされた感がありました。クリーンで現代的な感じ。反対に歌詞は昔よりずっと重く、人生論になっている気がします。気づけば’ポールマッカートニー’とか昔の固定曲をやらなくなっています。新曲多め。それととっても珍しいことに、ジェイクの高音が出ないところがありました。今まで一緒に観てきた友達と驚き。その分、ジェイクのジャンプはパンクかアタリかというくらいに高かったです。そして、いつでもものすごく感謝するのよね。そこに感動するわ。

—–
Today is the Health and Sports Day holiday in Japan. But I woke up quite early so I’m remembering the big double rainbow that we saw at the night of Scissor Sister’s show!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s