Shinokubo Korean town


新大久保がコリアンタウンとみなされるようになってから、初めて行きました。
昔は、失礼な話だけど不法滞在者風の方々が多く住み、ボヤとか空き巣とか路上での理解不能な言語でのケンカなんかが日常茶飯事と、ネタにされてきた街だと記憶しています。

それが今では確実に、東京で活気のある街のひとつですね。驚きでした。
私が行ったのは、おいしいというお店に予約をしてもらったからです。ドラマの中でよくショットで飲んでいて気になった『チャミスル』を飲みました。「グラスはいくつ?」と聞かれることから察すると、1人1本ではないのかしら?焼酎なんだけど、もっとジンのような人工的な味がします。なんとキシリトールが入っていて、後味がかなり甘い。甘い酒なんか飲めるか!と以前は言いましたが、キシリトールの理由もこの日にわかりました。


肉に抜群に合う。
しかも、韓国料理のような強い味の肉にぴったり。口の中がすっきり爽快になって、お酒もごはんも進みます。
これはおいしい。というかね、Hiteとかいうビールが薄いんですよね。ビールの水割りみたいな感じ。
私は濁った酒も嫌いなので、マッコリはなし。2杯目からはチャミスル派を貫こうと思います。


日本の板さんが見たら怒ること間違いなしな「肉をハサミで切る」って、いつ見ても合理的。
このお肉の調理もお店の人がやってくれました。ラクチンでうれしい。
そういえば、フジで同じような肉片であるシュラスコ丼で胃が痛くなったけど、これでは大丈夫でした。なぜでしょう。


できあがり。これをサンチュやらネギやらに包んでモリモリ食べて、チャミスルを飲みます。おいしい。
「こんな肉を食べてるから、あちらの男は背が高くて、腹筋も割れてて、マッチョでかっこいいんだよね」と女性陣の意見がまとまりました。男性のみなさん、おとなしく腹筋を割りましょう。入江選手の支持率が高いです。ちなみに腕は『ジェイソン・ボーン』シリーズのマット・デイモンをお手本にしてください。一番悪いのは、細マッチョなんて中途半端なことを理想としている日本の女性と、デブチビブスの方が安心なんて言ってる男性陣です。私はしっかり食べて、しっかり飲んで、しっかり運動をして、バランスのいい体型を作りたいと思います。

とりあえず、また行きたい!

—–
I had good dinner in Tokyo’s Korean town. We all admitted that this heavy meal is the reason why Korean guys are taller and more macho! I’m not meat eater but sometimes it’s good to eat this kind of food. Especially with Chamisul soju. I love that!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s