Fuji Rock 2012 Wrap-up: Day 2

会場から戻った夜中にオリンピックを生で観て、起きたら日本のニュースで再度オリンピック結果を見る。そして、会場へ。今年のフジロックはそんな感じでした。ここ数年は過密スケジュールではないので、フェス期間中でも4、5時間は寝るようになりましたね。今年の2日目は特にひどく、朝っぱらのAsparagusと昼過ぎの星野源を観る友達を見送った後、テレビを観ながらゴロゴロしていました。「フランス水泳代表のカミーユがハンサムすぎる!」とか「入江君の腹筋に注目!」とか「チャラ男ラブ!」とかそんな話ばかり。

やっとのことで会場入りして、ご飯を買いに来たっぽいMusicじゃなかった現在D.O.Tとして活動している2人が前を通り過ぎる。私はネタのためにHMVのまずそうな緑のドリンクと、私的韓ドラブームに便乗してプルコギ丼を買い、岩盤のところでのんびり食べました。My Best Fiendというバンドのアコースティックライブとサイン会中。そのままダラダラしているとスピリチュアライズド・ジェイソンのサイン会が始まりました。私は既にアルバムを買ってしまっているので不参加で我慢。複数枚のCDを所有している大きな原因のひとつはそれなのです。サイン会だけだと寂しい感じがありましたね。一緒にトークとかミニライブとかがあるといいのにと思いました。ラジオ出演があるみたいだったので、InterFMのブースへ移動。にこやかな印象があまりないジェイソンがものすごく上機嫌なことに驚きました。とにかくニコニコしています。夜のライブはきっと最高のものになると、この時確信しました。

18:35 Caribou
広めのステージの中央にキツキツに寄った編隊がいいです。カナダのおじさん。と思ったら、そんなにおじさんではないんですね。頭髪具合で判断してはいけません。当たり前にカナダのラジオではすごくよくかかるので、観たいと思っていました。しかし、次があるので早めにレッドに降りないといけません。最後まで観た友達の感想が「最後の方がよかった」だったことが少しだけ悔やまれます。

20:30 Spiritualized
FMのインタビューで「屋外は難しいんだ。エナジーを溜め込めないから」と言っていたのが印象的でした。ライブが上手なベテランでもそう思うんですね。今回はレッドだし、ジェイソンがとってもニコニコしながら「セットリストは決めていない」と言っていたこともあって、きっと最高のライブになると予想していました。無表情しか見たことがなかったので。結果は、思った以上にハイレベルな‘最高’で終わりました。1曲目こそ’Hey Jane’をやって、今回のアルバムからの音源多め、シングル曲多めみたいなフェス用セットリストが続くことを思い描かせたにも関わらず、その後はにわかファンにはつらい、フェス向けではない、他人の心を完全に無視した選曲でした。特に’Soul on Fire’の後はつらかった。それでも、爆音と長尺インプロのやりたい放題でグイグイ引っ張られて、あースピリチュアライズドはすごいわと感無量。これもジェイソンなりの絶好調さと上機嫌の表れなんだと思いました。だって、次のジャスティスが極小音に感じましたから。今から単独も楽しみです。

21:30 Buddy Guy
グリーン後方の道には既に、ノエル見物で立ち止まる人の層で大大大大渋滞になっていました。利己主義が通る時代は終わっています。思いやりを取ったら日本人には何も残りません。別に満員じゃないんだから、中に入って観ましょう。ライブも特に沸いていた印象はなく、みなさん後半にやるかもしれないオアの曲を待っているように思えました。私の目からはの話です。
そんななので、私はバディ・ガイへ。昨年は確か体調不良でキャンセルしています。今観ないと次があるかどうかはわかりません。とりあえず、その場に行くことが重要です。平和な山の上でブルージーなメロディを奏でておりました。しかし水玉ではなかった。そして、ボードウォークを歩いている時からずっとヘブンの音の方が好みだなと思っていました。Steve Kimockさん、グレイトフル・デッド関連の方、なんと3時間の長時間枠。スピリを観ない友達は早い時間からヘブンに上がり、オーガニックコーヒーを飲みながら、たまに居眠りをしながら、この方を楽しんだそうです。場所ともぴったりあった、とてもきれいなギターフレーズでした。

オーガニックコーヒーは今年も抜群においしかった。暑かったので試したアイスコーヒーも美味です。ポットで買いたいくらい。

22:25 Justice
そこまでファンではないけれど、この人たちの自己表現力にはいつも感心しています。そもそも十字架もうそうだけど、アー写やステージ衣裳、2人でいる時のバランスなどがとてもよく考えられている。単独を観たことももちろんないですが、選曲がとてもわかりやすいフェス向けでした。ライトが豪華で背面全部がLED。演出のバラエティも豊富だった。最後には「俺に賞賛を!」みたいな無言の煽りがあるのも、演出上手な彼ららしかったです。あっ、このホワイトのジャスティスのライティングのことを考えると、アンダーワールド @ ゼップのライティングは凄まじかったんだと、今になって心から思えます。

ノエルが終わってガラガラのグリーンを抜け、オアシスを目指す。今年はトリが3日とも心に響かないUK勢なので、なんとラスト枠で一度もグリーンにいませんでした。それもなんだか…な感じです。野菜を食べたくてアボカドラップサンドをもりもり食べました。「Owl Cityを除くすべてのライブが素晴らしい」記録を更新中の私のフジロック。2日目はこれで終了です。あー、先週の今日はフジ開始だったのかと早速悲しくなっております。


Spiritualized on his radio appearance


Caribou at White Stage


Spiritualized at Red Marquee

Justice at White Stage

Justice at White Stage

—–
This year’s Fuji Rock helped us watch Olympic Games on TV, which starts live broadcasting at midnight in Japan. So every night we came back from festival site, turned TV on, and watch what’s happening together. It’s funny all our headliners are British -Liam, Noel and Tom Yorke. But they all are staying in Japan*;) For me, 2nd day was all about Jason Pierce of Spiritualized. Although the setlist was super aggressive and not festival friendly, I enjoyed it so much! For his gig, I had to leave early from Caribou. But I heard he was also great. And Buddy Guy, who cancelled last year’s appearance due to illness. I was really happy to see him finally at FRF. Don’t forget about Steve Kimock. During walking in the woods for Buddy Guy’s stage, I found great guitar sound was drifting. It was him. I choose Justice for the closing act. They are just fantastic!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s