TVs

私のドラマ事情も変化しています。
引っ越しをしたら映像作品を可能な限り楽しもうと大きいテレビを購入したのです。設備はまだ完璧に向けて整えている最中ですが、この際、テレビ周りのインテリアもテレビ鑑賞だけにフォーカスしたものにしようと思い立ちました。来た人みんなが呆れる非常識なタイプを考えています。

不動の3トップ
・バーン・ノーティス
・チャック
・ホワイト・カラー

『チャック』日本での最新シーズン「3」の前半を録り忘れています。なので、DVDを待っていました。
先週TSUTAYAに行ったら出てました。私に何の断りもなしに…。なので、現在追い上げ中。

『ホワイト・カラー』のサラの衣裳も密かに好き。
あんなドレスで仕事に行けるなんて、やっぱり高級品の保障会社勤務だからなのかしら。

続落
・Glee
まだマット・ボマー兄さんの回を見ていませんが、すっかりだれた。つまらない原因はたぶんサム。

論外
・ニューガール
鳴り物入りがコケまくりですね。
ズーイーのしつこい演技がうざい。このまま続けると、個性派 or Geekを通り越してテレビ俳優落ちするわよ。極めつけは、ルーミーの男性陣に魅力がない。

・パンナム
デザイン要素を楽しみにしていたんだけど、残念。全然面白くない。

・プリティ・リトル・ライアーズ
どこにプリティが?そんなに多くはいないんですよ。プリティで視聴者を集められる子供俳優は。
この3つがテレビ版『ゴシップガール』級のごみですね。見続けられない。

新規介入
・Dr. House
本国では先月シーズン8終了をもって終了したドラマを猛追することにしました。たまたまやっていた1を見たらやめられなくなった。『ER』後、久しぶりの医療ドラマ鑑賞です。偏屈、凶暴、見た目も怖いハウス先生の鋭い観察眼と独特な診断が、周りからヤブ医者、薬中と言われながらもギリギリのタイミングで患者を救っていきます。私は単刀直入型が好きなので、無神経極まりないハウス先生の物言いが好き。
しかし、毎回治療法の模索を重ね、時に患者を危篤に陥れ、寸でのところで助けるこのドラマを見ていると、世間は医療ミス、診断ミスだらけなのではと思えてくることも事実です。怖い。「健康な高校生が切り刻まれるのを拒絶してるんだ。それでも手術させたければ息子に最後の別れをしてこい」とか。一電力会社があんなにあくどいことをしてるのが現実ですから、いっぱいいるんでしょうね。生きられた魂が。
このドラマには『ER』(特に初期)で驚愕したカメラワークも、『CSI科学捜査班』(特に初期)でうっとりしたライティングもありません。ただ、細胞のグラフィックが怖い。悪い部分と良い部分、細胞に食いつくウィルスとか。後はテーマ曲がとても好き。

禁止されているけど観ちゃう
・クーガータウン
コメディのコートニー・コックスはやっぱりいいと感心していたら、観るのをやめろと釘を刺されました。40歳で離婚をしてクーガーになって、若い人生を取り戻そうと躍起になる女性のドタバタな日常風景です。そんなの観ていると先が思いやられるんだって。でも、おもしろいんだもん。コートニーよりビジー・フィリップスの方が嫌だわ。開放的なサンドレスな毎日は素敵。
しかも、各エピソードのタイトルがTom Pettyの曲名なことに気づきました。日本のFOXだけを観ていてはわからないでしょう。パイロット版の後の「Into The Great Wide Open」であれっとなりました。その後のタイトルが「I won’t back down」だったので、確信しました。この話の舞台がフロリダで、トム・ペティの出身がフロリダだからでしょうかね。ストーリーがリンクしているとさらにいいんですけど、今のところそれは感じません。Free Fallin’の回が楽しみ。トム・ペティもまた観たいな。

未知を知る
・梅ちゃん先生
いかにも「震災後」なテーマと内容にはもう少し工夫ができなかったのかしらと思うことは認めます。だけど、興味深い描写が随所に結構あるのも事実。私たちのおばあちゃん世代?戦後の復興の話です。戦後の日本人は家の外に出て、井戸水で歯磨きをしていたらしいです。洋服は毎日同じなんだとか。毎年毎年、どんどん新しい家が立って、電化製品が入ってきて、事業だってやるばやるだけ見た目で成果を確認できたんだろうなとか。みんな裸一貫状態だと思うけど、だからこそ何にでもなれる可能性があったのでしょうね。ほんの四半世紀強を遡っただけの話なのに、同じ日本で同じ日本人だと思えないところがあります。男性陣の髪型なんて、お隣の大陸と半島の今みたい。おまけに考え方も固くて、古くて、うんちく多くて、一緒にいたら面倒くさそう…なんだけど、その今にいない感じが胸キュンだったりするのです。特に、若年寄りの松岡さん。

敏夫さんって言うんだ。
電車の中で、胡麻麦茶の広告の人がお父さん役なことに気づきました。昭和の頑固親父役。

・シークレット・ガーデン
外出中の妹に頼まれ時に、録りながら流しておいたらはまりました。
私のハングル能力は10単語ほどです。台詞がかなり意訳だと思うので、日本語字幕を読むだけでは本質的な内容をまるで理解できていないことを考慮ください。突っ込みどころが満載なのです。まずはストーリーが古い。あちらの国の常識やポップカルチャーが30年遅れていることを考慮しても60年代?、というよりベルバラ系のゴージャスな設定のマンガみたいな話。それを現代のソウルを舞台に展開させるんだから、ものすごい違和感、いや豊かな想像力です。「いかれジャージ」「腹筋」「カプチーノ」がキーワード。ストーリーはベタベタでも、こうしたキーワードを浸透させていることだけで充分すごい。今折り返し地点のようですので、別ポストで書きましょう。
上の写真が私のベストフレーズ。だっさいジャージにご注目ください。

—–
This is the list of TV dramas that I’m watching now! Top 3: Burn Notice, Chuck, White Collar. Bored: Glee. New but no surprise: New Girl, Pan Am, Pretty Little Liars. From Season 1: Dr.House. My pal says no but I love: Couger Town. New World: Japanese Umechan sensei, Korean Secret Garden. I’m also planing to organize my TV space more comfortable! You’ll see later.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s