Owl City at Shinagawa Stellar Ball

2010年のワーストライブに入れた前回公演から現在まで、新譜を買うなんてもっての他で、彼の曲は1曲も1度も聞いていません。何がそんなにまずかったのかを調べるべく、過去postを一応読んでみました。

そこから何もレベルアップしていなかったです。
クアトロで前座→AX→ステラボールと、集客力UP度は近年稀なハイレベル。ルックスも普通なのに、ここまで客を集められるんだったら、もう彼にライブ・ミュージシャンとしての技術を求めてはいけないと思いました。それに、毎年日本に来てライブができるという現状にひたすら感謝できるアダムは立派な若者です。たいていポッと出のバンドは勘違いさんが多いですが、きちんとわきまえています。「ありがとう。ありがとう。ありがとう。みんなは最高のオーディエンスです」と、何度言ったかわからない。いいヤツだな。そんな彼を目の前で観られただけで最高なのであろうファンの願望に、きちんと答えていたと思います。

だからよし。ステージが相変わらず学園祭バンドレベルだって問題ない。本心ではアダムの素敵な歌のことを考えると、ライブも最高になって、彼の御伽の世界を体感させて欲しいのです。だけど仕方がありません。私がライブに求めるものはクラッシックであれ、ヘビメタであれ、熱狂・一体感・余韻です。ニコニコさわやかな笑顔を拝むためだけに行くことはないのです。だから、アダムはレコーディング・ミュージシャンというくくりで影から成長を見守りたいと思います。誰かCDプレゼントして〜。自分で買いたくない〜。

—–
When I saw Owl City for the first time, I marked it as one of the worst gigs in 2010. There was a huge (negative) gap between his brilliant outfit and high school band-esque live performance. This second time, nothing’s changed. So for me, he is a recording musician not a live musician, but I noticed we have one obvious thing to learn from his behavior; he thanked everything he got. This time was his third visit to Tokyo, and the venue got bigger and bigger and bigger. He quite succeeded even in Japan and Asia. But I heard countless ‘thank you’ during the show. It’s very nice and I think it’s very important nowadays.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s