‘Tangled’

Source: 'Tangled' JP official

なぜ『塔の上のラプンツェル」を観たかというと…。

チャックことザッカリー・リーヴァイが男主役の声をやっているからです。またって言わないでください。超現実世界のそこら辺の量販店の店員とおとぎの国のハンサムな泥棒と役のタイプは全然違うけど、私にはチャックでした。だけど、ディズニー映画なので当たり前に歌います。はは。チャックが歌う。だから必見。

残念ながら我が家では3D観賞の選択はできないのですが、映像は2Dでも充分に最初から豪華です。ディズニー映画の出演者たちは、顔が変わりましたね。ヘタクソな役者みたいに表情が大げさでうざい。今のキャラクターに比べたら、シンデレラの7:3王子なんて無表情の部類に入るんでしょうね。あいまいな表情や空気感から心情を読み取るような高度な技は、観る方に要求されなくなりました。ディズニーの世界と21世紀の現実社会が似ているところも微妙です。「現実ではありえない」、映画ではファンタジーではそれが魅力であって欲しいからです。

それから。この映画は髪の描写がすごいと聞いていましたけど、髪はバービーみたいで普通だと私は思いました。それよりもあらゆる場面での水の描写がすごい。あとはランタンのシーン!これは文句なしに素敵でした。ランタンって、御伽の国も日本も基本的に使い方は同じなんだなとさらに感動。このシーンだけは3Dで観たかった。

で、チャックの話です。
女性役のマンディ・ムーアは確かデビューは歌手です。そして、旦那はライアン・アダムスです。そんな人と一緒にザッカリーもちゃんと歌ってます。ただし、私には何をやってもチャックにしか感じられないんです。nerd hardの白シャツ+ネクタイ姿で歌っているのが目に浮かんでしまいます。でも、おそらくメインテーマだと思われる曲がなかなかいい。当たり前にデュエットですよ。

—–
I watched ‘Tangled’. Beautiful lanterns and Chuck. Those were the reasons I was interested in. And some on TV? rumored the best part of this movie is the expression of ‘the hair’. But I thought ‘the water’ was much greater.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s