Three handkerchiefs from Céline

百貨店の婦人雑貨売り場には買いたくなるものが滅多にないことに気づきました。

でも、どうしても買わないといけなかったのです。サングラス買おうかな、でもいいのない。傘?用がない。帽子?被らない。ホントの本当に買う物がない。普段はかまわぬのてぬぐい派だけど、ハンカチを買おうと思いました。欲しい柄がない。いつも思うんですよ。ハンカチの所にも高級ブランドって並んでますけど、メゾンの中であの適当なハンカチをデザインを担当してるのは誰なんだってね。ださすぎる。

この世にうさんくさい職業の人はたくさんいるけれど、その中の救いようのない職業の中にデザイナーを入れさせていただきます。デザイン力がないデザイナーが多すぎる。デザイナーでない私以上のデザインを提出できなければ、お金はもらえないんですよ。

なので、このハンカチはなかなかだと思いました。ガーゼみたない優しい肌触りもいい。ただし、偽善の節電ブームのおかげでこんなものではぬぐえないほど汗ダラダラですけどね。あっ、東京メトロにクレームいれなくちゃ!

そして、やっぱり『Chuck』がおもしろい。あれを観ると他がかすみます。たいした話ではないんですけどね。そこがいいのです。アメリカではもう終わりが見えたみたいですけどね。フー。アメリカ行きたいぜ。

—–
I bought three handkerchiefs at Shibuya Seibu. I’m not sure those are really from Céline but very pretty.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s