James Blake ‘James Blake’


私はクラブの人間じゃないので、ポスト・ダブステップがどれくらいポストなのかはわからない。音楽業界の人でもないので、毎年たくさんのメディアが提示する『今年の注目ミュージシャン』を盲目的に信じて追いかける必要もまったくない。だけど、このジェームス・ブレイクという人は、本人に会って、彼がどんな人で何を考えているのかを聞いて、どうして音楽がこんなことになってしまうのかを知りたいと思った久しぶりの人。

最近、センスってどうしようもないものだと思う時がたくさんあった。感じ方、捉え方、表現の仕方。ダサい人は何をやってもダサい。だけど、それを本人の努力や他人の助力で変えることもできない。あきらめるしかないから、さっさと引き際を考えて欲しいのに、そういう人はすがることしかできないもの。そんな救いようのない人達の話は別にして、いい感覚をもっている人の中でも、この人のセンスは別次元のものだと思った。音の構造がどこか別の所から来たみたい。

私は音楽を分解したりしないけど、この人のアルバムを聴いている間は、グラフィックソフトで言うレイヤーが頭に浮かんでしかたない。無音状態ももちろんレイヤーの1つ。静寂も計算のうちで、彼に与えられるままに聴いていれば、きちんと脳内カオスが起こるレベルまでひっぱり上げてもらえる。自分の中で音楽を捉える新しい方法がメリメリと生まれた感じがあった。

このアルバムをさらに特別にしているものは声と歌詞だと思う。ボーカリストとしては普通のロックバンドのボーカルくらいだけど、表現力が桁外れ。楽曲と同じく最小限の歌詞をいじって繰り返すだけ。なのに心に刻まれるタイプ。例えば、ものすごく好きな曲’I Never Learnt to Share’にあるのは「兄と姉(弟と妹)は僕に話しかけない。でも僕は彼らを責めはしない」という2文だけ。それを精巧な電子音と、’Give Me My Month’ や’Why Don’t You Call Me’等曲によっては幼少の頃から鍛えていたというピアノの生音でまとめあげる。これだけでも「一体どんな家庭なの?」という興味が止まらないのです。

一方で、カナダのシンガー、ファイストのカバーなことも話題になっている’Limit to Your Love’。彼女が普段はツンとした鼻につく人であることをおかしなライブで偶然知ってしまったので、原曲が誰のものかは私には利点ではない。歌詞が他の収録曲と全然違うと気づくくらい。あとは、ジェームスのカバー能力が人の曲を自分のものにする天才、ジェイミー・カラム級であるということ。

ロンドンではライブをやっているみたい。ステージは機材+本人なんだろうね。その場では何を観せるんだろう。私が今欲しいのはストレートなロックバンドなんだけど、こんな人ちょっといない。気になってしかたがない。まだ3月だけど、早くも今年のベスト・アルバム入りしました。

—–
It’s still March but I marked this as one of the best albums 2011. He’s young but his music is deep, mature and thought-provoking. Now I understand why Spike Jonze made the film ‘Being John Malkovich’. I want to inspect his brain, see the world through his eyes. Cause I feel he is different like an alien. His songs proved it. Sounds and lyrics are very limited, but I can hear a lot even from silence and I can pick a lot between the lines. The words are also carefully selected. I love the phrase ‘My brother and sister don’t speak to me. But I don’t blame them.’ Just from two sentences, thousand questions came to mind. I can’t believe that. He’s such a genius.
I heard he did some gig in London. If you went there, let me know how was that. I’m curious.

Find it at: Amazon.jp

3 thoughts on “James Blake ‘James Blake’

  1. 来日決定しましたね

    どうしても生で聴いてみたいです

    私も普段こういう音楽を聴くわけではないのですが、このアルバムには異常に反応してしまいました

    1. colさん、こんばんは。

      本当はきっとフジだったんだろうな、いやフジで良かったのになとも思っていますが、あっさり来日ですね。楽しみです。

      私も本当に素晴らしいアルバムだと思っています。1stだと誰でも傑作になりがちですけど、この人の場合は違いますからね。ライブも早く観たいです。

  2. […] デビューしたてのもやし君と思って観に行ったら、熟練のヘヴィメタバンドだった。 ライブでの神童はそんな感じでした。 何よりも先に、前にアルバムについて書いたことを撤回しないといけません。機材+本人、そんなものではなかった。あれだけのハイクオリティアルバムを作ったら、もう確実にひと仕事は終えてます。だから私は消化試合くらいの気分で、ライブ映像をチェックすることもなく現場に行ってしまいました。彼の場合は絶対にアルバム < ライブ。無知故の衝撃の連続もあって、大充実という結果になりました。 […]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s