The reason why Radiohead is Radiohead

この怠慢で適当なやり方が本当に通っているとしたら、TV オン・ザ・レディオはギリギリセーフということになる。

先日のレディへ話をしていた時、かなり長い間気になっていた疑問を解明してくれる人に出くわしました。その疑問とは、普通だったら“ラジオヘッド”になるべきなのに、どうしてレディオヘッドだけネイティブ発音で表記なのかということ。最初から特別扱いだったのかしら?

シンプルです。ただのバンドだった彼らの日本デビューを担当したディレクターの思い入れが大きかったんだって。だから、考えて考えて考えて考えて、ネイティブ発音を取ることに決めたそう。裏を返せば、日本でリリースしている他のほぼ全バンドには思い入れがないということになる。かわいそう。バンド側にも、そういった誠実さまでを嗅ぎ取る野生の勘みたいなものがないとダメなんだね。または、前評判をひっくりかえす何かがないと。

たった1人が物事を大きくすることもあれば、崩壊させることもある。本人は自分が誰で、何をしているのかなんて気にもしないんだろうけど。浅はかであることは怖い。これはステレオフォニックスから学んだ哲学。

—–
In Japanese, the band name レディオヘッド (Radiohead) is generally pronounced like ‘La‘ of Français ‘zi’ ‘o’ and head, La-zi-o-haed. But they never be called like that among Japanese fans. The reason is simple. They got right person to promote their debut in Japan long time ago. I heard the Japanese direcotor was so into this young Brit band. So they got that right Japanese name that sound close to the original English name. The same goes for TV on the Radio.
One particular person. He/she can make a thing big, but can collapse and ruin it. Think well who you are and what you are doing. Think well in ‘A Thousand Tree’ way.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s