In My Head Radio: Volume 14 Frightened Rabbit ‘The Winter of Mixed Drinks’

February 2014

2010年3月リリースと古いアルバムで申し訳ないのですが、記しておかないと新作をメモできない気がして仕方がありません。スコットランドのバンド、フライトゥンド・ラビットのサードアルバムです。このバンドも例にもれず、ルックスがかわいくないからか、日本ではさっぱり…な印象。面見る前に音を聴けですよ、本当に。パフォーマンスの評判も良いので、とても残念です。「ザ ウィンター オブ ミックスド ドリンク」というタイトルから、なんとなく冬や雪景色を頭に浮かべながら聴いていたのですが、蕾が膨らみつつある今のような季節に聴くのがなかなか合うことに気づきました。何よりも、最近珍しい捨て曲なし!いつ、何度聞いても飽きることがありません。

超秀作なのにもったいないので、1曲目から順に良いビデオを集めてみました。

Things

子供の頃に読んだ童話か何かに、春の訪れを告げるラッパのようなものを描いた話があった気がします。その音によって、冬眠していた動物達が目を覚まし、巣穴から出てくるみたいなシーン。この曲にはそのラッパのような雰囲気があると私は思います。

Swim until You Can’t See Land

ボーカルは、スコットランド出身のスコットさんという方。声質も表現力もすごく優れているなと思います。スノウ・パトロールのライトボディと同じく吟遊詩人タイプ。彼が都会的な方向にアップグレードしたのに比べて、スコットさんは牧歌的。緑が似合います。

The Loneliness and The Scream

少ししわがれ、少し舌足らずなボーカルが時たま裏返る、ちょっとキーが高めの曲。語れるボーカルで淡々と始まり、長ーい間奏で盛り上げる。コーラスが入ってからの高揚感が素晴らしく、ライブとかで私もその一部になりたいと思いました。

The Wrestle

ウェブスター
私の中で一番オススメの曲。イントロからアップテンポの明るいメロディに、単純にワクワクしてしまいます。ですが、歌詞は14世紀のイングランドの詩人、ジェフリー・チョーサーの『カンタベリー物語』のように美しく流れるよう。ただし、聴いて思い浮かべるのは、野生の熊やティーンのヴァンパイアドラマの格闘シーンです。そんなでも不思議とどんどん好きになります。

Skip The Youth

シューゲイズバンドがよくやるタイプの無駄に長い(失礼)イントロで始まるものの、それをスパッと止めて、ボーカルとギターだけのシンプル編成へ。そして、ゴージャスなコーラスをプラスという憎々しい自在っぷり。コーラス隊もかなり味がありますよね。間奏でも見せる男といえば、ジョン・メイヤー。バンドはうれしくないかもしれませんが、彼に匹敵するものがあると思います。

Nothing Like You

いきなり、ストレートなポップス。リバティーンズでも始まったのかと思いました。こういう明るさというか、とぼけた感じをもっているのもまた、このバンドの魅力なんだなと思います。

Man/Bag of Sand

gSwim Until You Can’t See Landのアコースティック版をインターミッション的に入れています。なので画像はなし。風呂場録音的なザラついた感じがまた深い。だから「面見る前に音を聴け」なんですよ。

Footshooter

このアルバムで一番多く聴いた曲。アルバムの中ではトーンは暗め。その閉塞感と重厚感がくせになります。このアコースティックギター1本版だと、その感じがわからないな…。無駄にカメラだけは台数あるのが意味不明。フルセットでこのシチュエーションならおもしろそうだけど。ボーカル、ギター、ベース、キーボード、ドラムとごく普通の編成であるにも関わらず、どのバンドにも期待すらしない最終形をさらっと見せる方々です。

Not Miserable

静かな曲です。だけど、アクセントで入っているギター音を筆頭に「アッ、アアー」のコーラスとか、「こんなの聞いたことがない」という要素が詰まっています。キーボードだろうけど、ピアノの音もよく響いています。淡々と、でもドラマティック。

Living in Colour

そして、急にアップテンポへ。UKのバンドが得意な讃歌テイストです。ライブのラストに演奏されそうな締めくくり感もあり、始まり感もある。映画のエンドロールに使うのもいいかもしれません。こんな風にいろいろと想像させるというだけでも、最近あまりないバンド。クラフトマン魂を感じます。

Yes, I Would

本編最後おの曲。人力による音のレイヤーが丁寧に重なっている様が美しい曲。このバンドは教会で演奏しても、眉をひそめられることはないでしょう。語られる感じ、物語が進むような感覚が好きです。

Fun Stuff (bonus track)

Learned Your Name (bonus track)

ここからはボーナストラックだなんて、タイトルの後ろにある()をチェックしなければ気づかない。そんなクオリティです。どうやら、ファンによくカバーされる曲のようです。

スコットランドは日本のように自然が豊かなんだろうなと思います。このアルバムからは太陽の日差しや土、雨、木々、そうしたものの香りが漂ってくる。これは私の“これを持って旅に出たい”アルバムの2枚目。早く旅に出たいな~と毎日思っています。

廃盤が近いかも?
ボーナスなしの洋盤 Winter of Mixed Drinks (¥1,836)
ボーナスありの日本盤 The Winter of Mixed Drinks (¥2,126)
私はたぶん下を買ったようですが、歌詞カード等は入っていないっぽいです。

—–
This is one of my favorite albums! So I made a video list for all songs in the album.

Trying to be a sandwich master


最近ランチに出る時間がなくなり気味な私です。

リラックスできない中途半端なランチならば、ブログを書きながらのコーヒーブレイクの方がずっといい。だから決めました。毎日サンドイッチを作っていこうと。お弁当は、空のお弁当箱を持ち帰るのが嫌なんですよね。だからラップとかホイルとかジプロックとか、その変は考えます。手軽で帰宅したい。

野菜が好きなので、野菜サンドレシピを集めます!少し早く起きないとなりませんが、おいしいランチにするためなら頑張ります。

とは言っても、明日は1日なので実行するのは火曜からです。

—–
I’m thinking that I’d better bring a sandwich everyday for work and now looking for recipes! You’ll know later. Have a great week!

N.Y. Cupcakes

DSC_2111
無性にカップケーキを食べたくなったけど、六本木ヒルズの裏の店まで行くのは面倒くさいな。何より、あの店のカップケーキは私が求めるタイプじゃないのよ。ぶつぶつぶつぶつ。そんなことを考えていた時に、下北にニューヨークの名を冠したカップケーキ屋さんがあることを知りました。

かわいいーーー!でも、この砂糖菓子がなければもっといい。まぁ、これは好みの問題ですね。どれもこれも小さくて控えめな味。もう少しスポンジがしっとりとしているといいなと思ったけど、カップケーキなんてこんなものだったような気もします。私はレモンが好き。シンプルなのに、中にもレモンジャムが入っていた気がします。

食洗器はいらないから、その場所にオーブンを据え付けたい私です。電子レンジが不要な人なんですね。今のところ、マンションも家も買う予定がないので叶わぬ夢のよう。せめて新しいオーブンを買って、またベーキングしようかなと考えました。焼いてる間にお腹が一杯になるダメ人間ですけど、結構おいしい物が作れるんですよ。

そうそう。面白かったのは、キュートどころか性別女の私でもヒキかねないガーリーな店で対応してくれたのが男性だったこと。きれいに丁寧に積めてくれました。本音を言うと、私が食べたいのはもうちょっと大きくて、適当なアメリカのカップケーキなんですけどね。

DSC_2113
DSC_2115
DSC_2120
DSC_2123
こんなのじゃ、一気にパクパク食べちゃいますわ。

—–
I bought pretty cupcakes at the shop called N.Y. Cupcakes. It’s in Shimokitazawa and they are selling very beautiful baked products:)

Smash Season 2

最終回は、’Under Pressure’のカバーでスタート。クィーン x デヴィッド・ボウイの好きな曲です。これ、初回のアギレラカバー以来の良さかも。何と言っても、ミュージカルパフォーマー以外、監督のデレクやプロデューサーのアイリーン、脚本家のジュリアまで歌わされてましたから。ここのベストはやっぱりジミーですね。フレディのシャウトやハイキーパートの表現が秀逸。トニー賞ノミニーとして競争相手になった『ボムシェル』チームと『ヒット・リスト』チームの不安と期待が詰まっているくせに静かな曲なもので、ドキドキが増しました。

シーズン2は、新キャラと新作品チームの勝利でしょう。ブロードウェイきってのヒットメーカー、デレクや王道を射止めつつある新進女優のカレンが、オフ・ブロードウェイにこれだという道を見い出す。ドロドロでありきたりの『ボムシェル』より、若くてフレッシュな『ヒット・リスト』が良かったと思います。前にもメモしましたが、曲もこちらの方がよい。

だからこそ、カイルがいなくなった時はがっかりしましたね。最近生まれた最もチャーミングなキャラクターの1人なのに、随分簡単に殺すわねと。だけど、これは仕方がないですね。『ヒット・リスト』がインスパイアされているんだろうなと思われる『レント』が、こういう作品でしたもんね。実際、カレン達の会話にもよく出てきました。この超有名作のクリエーターは、確か初公演日に亡くなってしまったんですよね。

で、「ブロードウェイ。今、僕はここにいる」なのです。

前にメモした曲リストの続きをいってみましょう。

If I Were A Boy

8話目で出たビヨンセのカバー。カレンが『ヒット・リスト』に出演すると決めたおかげでアンサンブルに戻ったアナが、デレクに一発かまします。ジミーを好きなのにタジタジしているカレンに、欲しいものは勇気を出して手に入れろと見本を見せたんですね。無名の自分が実力者のデレクにけしかけるなんて、ヘタすればアンサンブルすら失います。怖いから、お酒をがぶっと飲んで、『コヨーテ・アグリー』よろしくカウンターに飛び乗る。すごくいいシーンだったと今、今思い返しています。

Reach for Me

ディーバというメインロールの1つを手にしたアナの初めての大舞台。このシーンとこの曲は、結局この1回しか出てきませんでした。資金調達目的のパーティでしたよね。初めは少女趣味っぽく始まって、Pinkかと見紛う宙づりパフォーマンスに発展。アナのはっきりとした顔立ちが映えるメイクも素敵でした。背が高ければもっと素敵なのにと思ってはいたものの、彼女の方が後で出てくるデイジーよりはずっと気持ちがいいのは確かです。

残念ながら、私はライザ・ミネリがゲスト出演した第10話を見逃したようです。正月でしょうか?この辺りの変則スケジュールのせいで、『アンダー・ザ・ドーム』の最終回2話も見られていません。なぜか連ドラ予約で引っかからなかったのです。悔しい!この回にはヴァーヴがあったようです。しかもキャプチャも見つからない。ああー。

Last Goodbye

運命の13話にいきましょう。いくら支えてもアダムとの悪縁(と言っても兄弟なんだけど)を切れないジミーに対し心を決めたカイルが、ジミーの荷物をアダムの家の小口に置いて去るシーン。まさかカイルのソロが再びあるとは!と喜んだら突っ込んでくる車のライト。ジェフ・バックリーの、しかもこの曲を歌った後だなんて、心に杭を打たれるようです。なのにキャプチャがない。

エピソード14の冒頭。カイルが亡くなったと視聴者に知らせる前に、’High and Dry’でみんなの空虚感を表現されてしまいました。名曲なのはわかるけど、みんなRadioheadに頼りすぎだなぁ。キャプチャは見つからず。

Pretender

これも『ヒット・リスト』のオリジナルですね。印象が薄い曲です。この中に紛れている赤毛が、デレクを訴えたカス女優です。見るからに幸薄そう。

I’m Not Sorry

「またなの、デレク」と誰もががっかりしましたね。安っぽいデイジーがアナの代役として出演することになってから披露された曲です。バックダンサーズを除いて、かっこ悪い振り付けに群舞。学芸会ダンス全盛のポップ人たちを、本気で踊れる人たちがバカにしてるんだろうなと。カレン役のキャサリンはアメアイ出身ではあるんだけど、こういうポップが似合わないと思いました。

他にも’Don’t Dream It’s Over’とか好きな曲のカバーはたくさんあったけど、『ヒット・リスト』の名曲に霞んでしまいました。オリジナルが本当に良曲ばかり。シーズン2のサントラはアメリカのiTunesで売られているだけっぽいのですが、さっさとCDにすればいいのにと思いますね。欲しい人はいっぱい。私もシーズン1はいらないけど(出てます)、シーズン2は欲しい。日本限定盤は得意技のはずなんですけどね。何やってるんでしょうね。

最終回は、ほとんどトニー賞授賞式を舞台に繰り広げられました。印象的だったシーンもほとんどそこにあります。例外のひとつは、欠席する予定のジミーがジュリアに「もしカイルが受賞したら、代わりに受け取って」と頼みに行った時。「どんなことがあっても、現実に向き合いなさい」と言われていました。ジュリア素敵。そしてジミー。これだけ有能な人達に、才能をここで終わらすなと言われるのってどんな気分なのかしら?

アナにカイル分のチケットをあげたジミー。
カイルの受賞を聞いて、泣き出すジミー。
立ち上がり、抱き合って喜ぶジミー、アナ、カレン。
自分は落ちたのに、ホッとするジュリア。
そして、若者達の話をしていて、自分達の受賞に気づかなかったジュリアとトム。


さすがのデブラ・メッシング。授賞式のドレスアップなんて朝飯前です。

デレクも吹っ切れたのか、姑息なデイジーを大舞台から引きずり下ろしました。そして、元々の『ヒット・リスト』キャストによるアカペラ、ストンプスタイルの’Broadway, Here I Come’。無名の俳優と無名の作家による新作がブロードウェイにある。招待されていないキャスト達なんて、みんな普段着。これがスタートで、制作の本質。それを思い出させてくれました。リー・コンロイ、アイヴィー、アイリーンまでも感動していましたね。そのアイリーン。そのままマリリンをやっていれば自分の物だったかもしれないトニーを眺めてがっかりするカレンに、「いつか、あなたの時が来る」と優しい声をかけていました。残念だろうな、カレン。

作品を通して一番好きなのは、ジェニファー・ハドソンの新曲にジミーとカイルの曲が使われた時。あと、トニーのノミネート発表を観ているキャスト。何度も受賞しているジュリアにトム、反抗的なジミーまでも気にするなんて、どれだけ影響力が強いのかと。きゃはっと喜ぶカレン、もはや自分よりカイルのノミネートにほっとするジュリアが素敵でした。

残念ながら、シーズン3への更新はなかった本作。早い段階で決まっていたんでしょうね。「ショウはこれで終わり」って。次があることを見込んで、ぼんやりしたラストを作られるより私は好きです。キャストみんなに次がある。ジミーは名作曲家になるかな?カレンは大スターになるかな?アイリーンとニックは?アイヴィーとデレクにはかわいい赤ちゃんが産まれるのね…と、視聴者それぞれの心の中でいろいろに物語が広がっていくのがとてもいいと思うのです。

—–
I just finished all episode of Smash Season 2. Love the show and the song ‘Broadway, Here I Come’!

Songs and fashion from Suits Season 2 (so far)

まさかの毎日放送なので、1週間に一度まとめてみないとハードディスクが悲鳴を上げます。

観てます、観てます。賢いイケメンと美女満載で、弁護士という殿上人レベルの生活を見せつけてくれるドラマ、『スーツ』のシーズン2。アホのトレヴァーがジェシカにマイクの学歴訴訟をばらしに行ったところでシーズン1が終わりましたからね。そこにユニバーサルチャンネルの消滅が挟まって、本国とのタイムラグが開いてしまいました。もーーー。まだ1〜6話しか見ていないのですが、おっ?となるほど音楽が効いています。相変わらず女性陣とハーヴィーのお洋服も素敵です。なので、音楽と服だけメモさせてください。

Episode 1

Gotye ‘Smoke and Mirrors

第1話の出だしからゴティエ。ハーヴィーがジャズ好きなので、今シーズンはコレ系のしっとり大人寄りで攻めるのかと思いました。ほーーーんのさわりの部分しか使われないので、ゴティエ特有の刹那的なシャウトまでいかなかったのです。スーツで音楽が気になるなんて、初めての体験でした。このドラマは、音楽よりも映画からの引用が効いてるからです。ゴティエについてはもう飛ばします。あのバカ売れしたアルバムに入っている曲です。


レイチェルとドナのトイレトーク。一流弁護士事務所の中でも一流のハーヴィー達のオフィスは50階。トイレも壮絶豪華で、エレガントな生花が飾られてたりします。“お化粧直しにどうぞ”と高級パフューム各種が置かれていてもおかしくない感じ。経験値の高いドナと、妹のように彼女を慕うレイチェルの恋バナ風景がかわいいかった。この時のベージュのニットがさらにキュートで身悶えしそうです。

Danny Lütz ‘Aint Nuthin’

Phoenixのトマみたいな声。ちょっと聴いてみたい!見た目は全然フェニックスしてないので、ルックスであのバンドが好きな人は飛ばしてください。断言できるのは、マイクはこの人を聴かないです。そして、私の勘はまだ冴えています。この人、カナダっぽい気がしたのです。私は西カナダの人はあまり嗅ぎ付けられません。ダニーさんは東です。今はモントリオールをベースにしているそうです。なんとなく違うんですね。オリンピックを見ていてもわかります。

We Are Augustines ‘Chapel Song’

第1話のラストシーンにはすごく感動しました。今シーズンは曲使いが本当にうまく、いちいち誰だか知りたくなって困ります。ウィー・アー・オーガスティンズ。声を聴くと一瞬Frightened Rabbitかと思います。曲の感じも似ていなくもない。しかしこちらはブルックリンの3ピース。いいですね。聴きたいな。


第1話には、「だからトレヴァーと縁を切れと言われたでしょ!」と説教したくなるシーンがいっぱいでした。気になっていたおばあちゃんも出て来ましたね。
序盤のお葬式のシーンでジェシカが着ているコートなのか厚手のワンピースなのかわからないドレスが素敵。彼女は非対称なドレスが好きですよね。それをシンプルにさらっと着こなしているところに惚れ惚れします。身長は5フィート10インチ、つまり178cmもだそう。スタイル抜群です。

Episode 2


レイチェルのボディコンシャスなニットドレスが好み。クルーネックは上品ですよね。小顔すっきり効果を狙うとVネックがベストなのですが、今年は壮絶ダイエットでクルーネックを攻めたいです。マイクと話しているシーンで、彼女を横から映した時がありましたね。ため息物のスタイルです。なんて脚が長いの!

Intro by The XX

レストランを出たマイクとレイチェルがタクシーの前で話ている時にかかります。なにやってんだか、なシーンです。XXって本当に職人だなと思います。ただしライブ、特にフェスの野外だと飽きて眠いかもしれません。屋内が素敵。何気にボーカルがいいと思うので、高音質なホールでしっとりを装ってライブなどでもしっくり来そうですね。

この後、ハーヴィーの家の中を初めて見ました。寝室は以前も出てきましたけどね。がっかりです。もっと重厚なクラッシックスタイルかと思っていたのに、フューチャリスティックなのです。彼の魂は入っておらず、誰かインテリアデザイナーに勝手にやらせた感じ。ちがーーう!と心で叫びました。

gucciblackdress
ドナの完璧なカールヘア。ルイスに頼みごとをしにセクシーポーズをサービスした時はグッチとのこと。ゆったりとしたジャージードレスかな?赤毛と黒、彼女の真っ白な肌がぴったりあって、ルイスじゃないけど指をくわえちゃいそうなくらい素敵でした。一方で、いろいろな国の血が混ざった褐色肌のレイチェルには、ベージュがとても似合う。彼女のヘルシーさは本当にずるい。雨の日、外のコーヒートラックでマイクと会った時にさしていた傘もかわいかったな。ビニール傘かと思いきや、弧の描き方がとても珍しい。

Caught A Ghost ‘Time Go’

このエピソードのラストシーン。エレベーターで帰って行くレイチェルを遠くから見るマイク。嘘が苦しくてつきあうのを止めたおばかさん。でもハーヴィーのアドバイスはいつも正しいのです。コート・ア・ゴースト、聴いてみたい!LAベースのジェシー・ノーランのプロジェクトだそう。デビューアルバムがもうすぐ出るようですね。こんな人、日本にいて見られる可能性はほぼゼロです。

Episode 3


最後はドレス。以前から注目していたコーディネートがとうとう出てきました。イケてる出演者はすべて卒倒しそうに素敵なこのドラマ。なのに、レイチェルを一目見るなりドナが言ったのです。「何か違うわ、デートね」。これはきっとレイチェル流のマリン。ネイビーのカシュクールに白いラインがきれいな、大人スパイスが効いたニット!それに、まぶしいくらいの白いタイトスカートを履いて、ネックレスには小さなダイヤモンドをセレクト。「デートにはちょっと辛口じゃない?」と思ったけど、その後すぐに納得しました。なんと、彼女のデートの相手はロースクールのための統一試験だったのです!彼女の顔のアップに、男性の声で「初めて?」というシーンで始まったものだから、いったいあなたどこにいったのよ!と驚きましたよ。賢いのにテストが苦手でずっと逃げてきたレイチェルは、マイクにふられて吹っ切れたのね。こういう女性は好きです。いや、男でもね。(後ろの人も変なシャツだかジャケットだかを着てますね)

以上、先週分6話を一気観した音とビジュアル面のまとめです。内容についてはシーズン終了後にメモしますね。シーズン1よりは台本が粗い気がするし、マイクはハーヴィーみたいになってきたし、ジェニファーはただのウザイ女に成り下がったし、飾りでも事務所の名前の一翼であるハードマンが『バーン・ノーティス』のバリーをしょぼくした感じでがっかりしても、やっぱり気になるこれからの話。マイク、さっさとロースクールに行きなさいよと思えて仕方ないです。

—–
Here is the scraps of fashion and music from the first few episodes of Suits season 2. Love their wardrobe as always. And the music. Is there anyone know of what happened for music director? Very good. I found some new favorite bands while watching this program!